Bizarre Plants

wintergrowing tuberous crassula

Crassula umbella
a0149642_201673.jpga0149642_17214823.jpg

今年も動き出しました。今年は残暑厳しく水やり開始もかなり遅かったのではあります
が中々出てこず酷暑で枯れたか?と心配していましたところ無事新芽を出し始めました。
現時点では14芽程の大きく育ちそうな葉を確認。(左の写真)
右の写真はおととしの開花時撮った花のクローズアップ。

Crassula capensis var. capensis
a0149642_204338100.jpga0149642_20435094.jpg
これは今年Crassula capensis var. capensisとして入手した株。
下のsp.よりは花弁が開いていますが全開はしていません。
年齢と共に花が大きくなる(もしくは全開する)可能性はあるのかな?

Crassulra sp. ( Jonaskop )
a0149642_20455583.jpga0149642_20442639.jpg
こちらは以前から育てているsp.入手の株。
上の C. capensisとの際立った違いは雄蕊の軸色が赤いあたりです。

Crassulra cf. saxifraga
a0149642_17131572.jpga0149642_17132867.jpg
これは以前撮った Crassulra saxifraga であろうと思っているsp.入手の株の写真。
この株、今年も順調に育っているのですが、開花前に花序を折ってしまいました...。
花の違いの比較の為に再掲載しておきます。花弁が綺麗なピンク色です。
[PR]
by eriospermum | 2012-11-18 20:05 | succulent | Comments(2)
Commented by roka79 at 2012-11-19 07:45
どれもステキですが、Crassulra sp. aff. saxifragaが花色も良いし気に入りました。だけど、こういうクラッスラは難しいんでしょうね・・・私には無理そうです。
Commented by eriospermum at 2012-11-19 13:41
roka79さん、こんにちは〜。
これらの塊根性クラッスラ、休眠期と生長期のメリハリを
しっかりさせて管理すればさして問題なく栽培出来ますよ。
肝心なのは葉が枯れて休眠期に入ったらばできるだけ涼しい
場所で断水管理を守る事と生長期には暑くなる場所に置かず
良く陽に当て、また凍らないように寒さから守る事です。