Bizarre Plants

Eriospermum mackenii 夏型の小型のエリオスペルマム

Eriospermum mackenii Baker
a0149642_19205638.jpg
a0149642_19211576.jpg
夏型で小型のエリオスペルマムであるEriospermum mackenii が咲き始めました。写真の株は三号鉢植え。
どうも花が開いているのは昼〜夕方までのよう。早朝や夜は花弁が閉じていて咲いている姿は見れません。夏型エリオの代表種 Eriospermum abyssinicum の様には葉も花茎も大きく伸びずコンパクトに収まってくれるので小型植物好きには都合が良い植物です。写真の株、おっぱい状の塊根の手前の芽は、出葉前に昨年の枯れ葉の整理をした際、どうもむしりすぎて新芽まで傷めてしまった様子。今春はいまだ出葉していませんが、最近になってやっと緑色の芽っぽい物が見え出してきました。無事の回復と出葉を祈っています...。

IPNIで Eriospermum mackenii を調べると、Bakerの1876年記載のものの他に、Eriospermum mackenii subsp. galpinii (Schinz) P.L.Perry 1994 と Eriospermum mackenii subsp. phippsii (Wild) P.L.Perry 1994の二つの存在が現れてきます。エリオ本で調べるとそれぞれ分布域が異なり、姿も違う様子です。Eriospermum mackenii Baker と Eriospermum mackenii subsp. galpinii の図版による大きな見た目の違いは基本種が葉が一つの芽から複数出る、subsp. galpinii は単葉といった感じ。残る subsp. phippsii は分布域が凄く限られていて葉に短い白い毛が生えているとの事。詳しく知りたい方はエリオ本 ( A Revision of the genus Eriospermum ) をご覧下さい。



[PR]
by eriospermum | 2014-06-03 20:09 | caudex | Comments(2)
Commented by Port at 2014-06-03 20:32 x
勉強になります。
うちのE. mackenii、数年前に一度少しだけ葉を出して、以降全く動いていません。生きてるかもわかりませんw
花弁が開く時間は、E. abyssinicumと似ているようですね。E. abyssinicumは、過去の開花において毎回律儀に昼過ぎから夕方の間だけ開いておりました。余談ですが、一週間ほど前に新しい葉が出たのに、ここ数日の異常な暑さからか消滅しました・・。

1つ前の記事のP. cubiformis、今年もきれいに咲いていますね!Facebookはあまり良いイメージが無くて登録すらしていないのですが、ガガイモグループの投稿は見てみたいです・・・。
Commented by eriospermum at 2014-06-04 20:11
Portさん、こんばんは〜。
エリオスペルマムは気まぐれなところがありますので気長につきあっていきましょう〜。

FBの使用は、個人情報漏洩の危険性を気にするかたがかなり多いですね。それと日本ではネットは匿名でって人が多いですし馴染めないのは至極当然だと思います。僕は名前さらすのに特別抵抗ないし、フリッカーもFBも実名使用しています。ただ自分の情報をすべて垂れ流しするような使い方はしていませんし、そう言う使い方もできます。限定的な使い方をしている分にさして問題ないであろうと思いますよ。ただ、アカウントを取ったらば放置はしない方が良いでしょう。放置するとアカウント乗っ取りにあったりしても気が付かなかったりするでしょうし...。乗っ取りを防ぐ為にも素性の判らない人(自身の書いた記事をupしない&知り合いでもない人etc...)とはつながり持たない方が安全でしょう。

FBのガガイモグループは現地の収集家もいますし投稿される写真は中々見ごたえがありますよ。