Bizarre Plants

カテゴリ:fern( 11 )

旧 Thayeria cornucopia

Aglaomorpha cornucopia 
Basionym: Thayeria cornucopia
a0149642_17443878.jpg
このブログでは何度か取り上げているフィリピン等に生息する大型の着生シダ Aglaomorpha cornucopia の今期の姿です。写真の真ん中の葉の長さは1mほど。栽培三年目の昨年、株が大きくなりすぎたので二つに株分けした内の一株です。本来は木の幹にへばりついて匍匐しながら育っていく物ですが、我が家の温室では着生管理には湿度が低すぎるのでバークチップで大鉢に植え込んで育てています。左手前側の葉はこの冬に育ち出した生長途中の未だ柔らかいものですが温室内の湿度不足と温度不足であまり大きくなれていません。春以降の野外管理時にはまた再びおもいっきり自由に大きく育ってもらいたいです。本種はとても葉姿に特徴のある面白いシダだと思うのですが日本での栽培数はかなり少ないようです。

a0149642_18205276.jpg
a0149642_18283285.jpg

下の二枚のアップ写真からご覧頂けるように、葉の付け根部分は丸く壷状にふくらんでいてその底の内側には黒い根が生えています。たぶん、他の植物にへばりつくリゾームから出る根から得られる水分に頼るだけでなく葉に水や栄養源となる落ち葉を溜め効率的にエネルギー摂取できるように進化したのでしょう。他の多くの Aglaomorpha や Drynaria 等とも違う独特の不思議な形態をしています。それ故にか以前は独立して Thayeria属 とされていたのかも知れませんね。



本日のおまけ
[PR]
by eriospermum | 2014-02-18 18:56 | fern | Comments(1)

かさばる シダ の類

Drynaria rigidula 'Whitei'
a0149642_15562918.jpg

a0149642_15563939.jpg

ドリナリア・リギデュラ・ホワイティの 新しい泥除け葉がニョキニョキ出てきております。
写真には写っていませんが本葉は羽衣芸の'Whitei'という個体で現在葉長1m程。
羽衣芸も涼しげで綺麗なのですが、私個人はシンプルな原種の方が好きだったりします。


Aglaomorpha cornucopia
Basionym: Thayeria cornucopia
a0149642_15562062.jpg

こちらはタイエリア・コルヌコピアの新芽。なんかまるで虫のサナギのよう。キモカワイイというかなんというか...w
リゾーム自体も巨大な芋虫がのたくっているようでキモカワイイというか、ちょっとゾッとします...w

a0149642_15563367.jpg

枝数が増えてしまったので昨年株分けしていたのですが、また鉢の外に逃げようとしています。
この新芽の生長が一段落ついたらば今後どのように育てるかまた対策練らねば...。
現在葉長1m程。まだどんどん大きくなるんだろな...。


Aglaomorpha heraclea
a0149642_15564511.jpg

これは、一番この先が怖い大型種のアグラオモルファ・ヘラクレア。
現時点では大きい葉でも1m程で収まっていますがどこまで大きくなるのやら。(恐...
[PR]
by eriospermum | 2013-08-04 16:28 | fern | Comments(2)

白虎ウラボシ

Neolepisorus truncatus Ching et P. S. Wang
a0149642_22594325.jpga0149642_2301611.jpg
a0149642_2303187.jpga0149642_2304932.jpg

いわゆる白虎ウラボシ、今年はだいぶ葉が大きく育ちました。
葉柄があまり伸びずにすくっと立った姿だたったらもっとカッコいい
のにと思ったりもしますが、そこまで言うのは贅沢か...w
[PR]
by eriospermum | 2012-11-05 21:58 | fern | Comments(0)

Thayeria cornucopia の新芽生長中

Aglaomorpha cornucopia (Copel. ) M.C.Roos
Basionym: Thayeria cornucopia Copel.
a0149642_17182320.jpg

a0149642_14372068.jpg

a0149642_14373794.jpg


台風15号が日本国中猛威をふるって去ってゆきました。この街でも場所によっては崖崩れや道路の
崩落とかもあったのですが、幸い私の住むエリアは別段被害は無く済みました。

さて、このタイエリア、鉢植えからヘゴ板付けに仕立てを変更しましたが無事新芽も展開して来ました。
手前に伸びて来ているリゾームは来年ぐらいには様子を見て切り取って株分けして別な板に付け直そう
かな... 場所取るし悩みどころです。
[PR]
by eriospermum | 2011-09-23 15:01 | fern | Comments(0)

新葉でてきた

Drynaria rigidula (Sw.) Bedd.
a0149642_1627248.jpg

先日入手したヘゴ板付けのDrynaria rigidulaから新葉が出て来ました。
輸送の為にかネストリーフ以外の殆どの葉が途中で切られていましたので、こう
やって順調にどんどん新しい葉を出してくれて全体の姿が整ってくれると嬉しい
んですが、まあその辺はあせってもしょうがない。気長に待つことにしましょう。

a0149642_1673376.jpg

後ろに見える古いネスト・リーフ(泥よけ葉)、風化していてまるで昆虫の羽の様。
古くなって葉自体は枯れていてもこれはこれで機能してるし、とても美しいですね〜。
[PR]
by eriospermum | 2011-08-10 16:58 | fern | Comments(0)

カンガルーの足?

Microsorum diversifolium ( Willd.) Copel.
a0149642_21532281.jpg

なかなか面白い葉形をしているシダです。分布域は東南アジア〜ニュージーランド・オーストラリア
とかなり広範囲に自生している様子。先日入手したばかりですがリゾームが暴れ出していたので大鉢
に植え替えてみました。現在のところ草丈は30cm程。英語圏では Kangaroo Paw Fern とも呼ばれ
ているようです。ですが、カンガルーの足って?で、ネットで調べてみるといくつかカンガルーの足
の画像
が出て来ました。まあ似ていると言えば似てるかな...w
[PR]
by eriospermum | 2011-07-31 22:37 | fern | Comments(0)

和物

Pyrrosia lingua ( Thunb. ) Farw. f. cristata
a0149642_1557312.jpg

これは前にアップしたのとは違うタイプのヒトツバの獅子です。
連日東南アジア系のシダばかりアップしてましたのでたまには和物でもと写真を撮ってみました。
ちょっとは涼しげでしょうか?w
この株、うちやって来て8年程経ってますが、毎年新葉を出して生育するもののその分古い葉が
枯れ落ちてしまうので中々豪勢な株達にはなってくれません。まあこの位でも十分なのですが...
冬に当地の強烈な寒さから保護してやればもっと立派な株立ちになるかな?今年から冬越し方法
変えてみようかなと思う今日この頃。

a0149642_15575346.jpg

こっちはいわゆる羽衣芸のもの。やはり入手してから8年ほど周年野外放置プレー栽培ですが、
鉢からあふれる程に元気もりもり。上の獅子よりかなり強健なのでしょうか....
[PR]
by eriospermum | 2011-07-30 16:19 | fern | Comments(0)

千のプラトー w

Aglaomorpha cornucopia (Copel. ) M.C.Roos
Basionym: Thayeria cornucopia Copel.
a0149642_1153979.jpg

a0149642_11533237.jpg


写真は先日入手したフィリピン原産の以前は一属一種のThayeria cornucopiaとされていた着生シダ。
現在はアグラオモルファに統合されてAglaomorpha cornucopia の名になっている様子。
これはかなりデカくなるんですよね...。現在は大きい葉でも60cmですが、行く末が恐ろしいw
入手したてのこの株、リゾームが鉢の片側に片寄って生育しています。既に逃げ出そうとしている
リゾームも...。しばらくこのまま育てて伸びた部分をカットして株分けして育てるか、この時点で植
え替えるか...悩みます。既にリゾームからは鉢に根が貼り付いているので無理に剥がしたくないし。
根は剥がさずに鉢を割って根のダメージを極力避けるように植え替えるかな...。う〜ん、悩みます。

そうそう、フリッカーにあったこの種の写真、衝撃的でしたw
[PR]
by eriospermum | 2011-07-27 12:09 | fern | Comments(0)

酷暑につき羊歯大人買い中!w

いやはや、台風一過の涼しさはつかの間、また酷暑が舞い戻ってきました。
毎日暑苦しく、庭に水を撒くのが日課になっておりますが、ある日水を撒きながら
「そうだ、羊歯を買おう!」と思い立ち、それからというもの日々あちらこちらで
珍奇羊歯を買い集めておりますw

Lecanopteris luzonensis Hennipman
a0149642_1633455.jpg

a0149642_16514247.jpg

こちらはフィリピン・ルソン島の標高1000m産のアリノスシダ。
これらの仲間は10年程前ヘリアンフォラにハマっていた時に独wistubaから苗を
色々と取リよせてみた事ありましたが、ヘリアンフォラの苗は順調に栽培で
きたのに反して、これらはどうもに上も手く育てられずに断念した事がありました。
と言う訳で、久しぶりのリベンジであります。今度は国内入手、上手くいくかな〜?
今回入手の品は株の大きさも大きく非常にしっかりしていますし、売り主さんが
国内でしっかり養生させていた現地自己採種ものですからなんとかいけそうな予感。
ちなみにヘゴ板の大きさは11cm x 18cm 結構でかい株です。
震災からまりで出来た温室の空きスペースにこれらの冬越し用のスペースを今の
うちからしっかり作っておこうと思います。暑いけどがんばらねば...。


Lycopodium nummularifolium Blume
a0149642_1633599.jpg

ついでといってはなんですが、手前のこいつは平麦をつなげたような面白いリコポ。
リコポも面白いもの色々あるんですよね〜。以前もドーム蘭展とかいく度に色々と
買ってみたりしていましたが、この種の入手は初めて。上手く増えてくれるかな?
[PR]
by eriospermum | 2011-07-26 17:29 | fern | Comments(4)

やたら暑いからシダでも 2

Neolepisorus truncatus Ching et P. S. Wang でいいのかな?w
a0149642_1242364.jpg

a0149642_12421844.jpg

今日も暑いのでシダでも見て涼もうと、蚊に刺されながら裏庭で写真を撮って来ました。
って、やっぱり涼しげではないですね。このシダも...w

写真は10年ぐらい一進一退を繰り返しながら育てているいわゆる 白虎ウラボシ です。
暑さ寒さに強い種なんですが冬場うっかり乾かしてしまって死亡寸前にまでこじらしてしまう
ことが過去しばしば...。勢いの良い時にはかなりの大鉢仕立てにもなったのですが現在はそんな
こんなで振り出しに戻った感じであります。かなり気に入っている植物ですので枯らしてしまう
ことになっていないだけでも良かった良かったというところでしょうか。
このシダの特徴はなんといっても派手な地模様(斑ではないです)ですね。この派手な地模様
たしかに虎っぽくはありますが白虎って感じではないですよね〜。ただ古くなった葉が焼けて
来ると白虎ぽく白く色が抜けてきますw
地味だけど存在感がシュールでとても気に入っている植物です。また再び大鉢に仕立てたいな〜。
[PR]
by eriospermum | 2011-07-13 13:04 | fern | Comments(3)