Bizarre Plants

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Pleurothallis nipterophylla

昨日は植物関係の友人達の忘年会@高尾に参加して参りました。
毎度の事ながら冬の高尾は東京都下とは思えぬ程の寒さ(笑
私の住む東北最南部の高原地帯と気候はさほど変わらないですね...

毎年会場としてご自宅とおいしいお料理を提供して下さっている松本洋蘭園の園主様
ならびにご家族の皆々様、厚いおもてなし&お料理の数々誠にありがとうございました。
そして参加された好事家の皆々様、楽しいひとときをありがとうございました。
色々と濃ぃ〜お話が出来て至福の時を過ごせましたです。^^
なにより研究者である某Y氏にエリオスペルマムの魅力を知らしめ、エリオスペルマム
をメリクロンする方向に引きずり込めた(込めたのか?)のが一番の収穫でした。w

さて、話は変わりますが昨日連れて帰って来た蘭の事でも
今回5種の小型蘭を連れて帰ってきましたが何れも初めての物ではなく2度目のトライ。
皆何年かのあいだ調子良く育て続けていたのですが、多忙を極めていた折に放置プレー
で昇天させてしまった植物たちなのであります。今日の写真は昨日入手の中の一つ。

Pleurothallis nipterophylla Luer
a0149642_1455687.jpg

南米エクアドルの標高1500~2900m地帯に産するという小型の蘭。
写真の株は既に成株で葉長は5cm程、茎の高さを入れても草丈10cmに満たない小型種です。
葉の上のシースから鈴なりに咲く濃赤色の数ミリの花達が遠目にはまるでラズベリー
やフランボワーズのように見えてとっても可愛いいのであります。

a0149642_14552983.jpg

a0149642_14555197.jpg

う〜ん、やっぱりすごくカワイイ。
今度は放置しないように気を付けなきゃな〜 。末永くおつきあいしたいです。

それでは、みなさん良いお年を〜!
[PR]
by eriospermum | 2009-12-31 17:20 | orchid | Comments(2)

Aloe polyphylla

Aloe polyphylla Schönland ex Pillans 実生6ヶ月の苗
a0149642_17575657.jpg

今年の6月に播種したアロエ・ポリフィラの苗約30株を寄せ植えの苗床から鉢あげ
してそれぞれ3号鉢に植え替えてやりました。
普通の夏型種であればこんな寒い中途半端な時期に植え替えするのは若干問題あり
ますが暑さを嫌うクール好みのこの種は今なおじわじわと生育していますので、
今後のますますの旺盛な生育を願って植え替えした次第です。早く大きなくな〜れ!

先日、来春蒔く分のポリフィラの種子を南アの種子業者に注文。
今年の発芽率は35%でしたが、今度のはどのくらいの発芽するかな?
[PR]
by eriospermum | 2009-12-27 18:30 | succulent | Comments(0)

Ornithogalum sp.

a0149642_13453539.jpg

何年か前に友人から頂戴した冬型の Ornithogalum sp. です。4号鉢に植えてあります。
sp.なのでガーデンイールみたいなヤツ とか、ミミカキみたいなヤツと呼んだりしてます。
一見 Ornithogalum unifoliatum に似ているのですが、この種は葉が扁平で多肉質では
ありません。普段は鉢にすり切り一杯の土に植えてあるのですが、球根の様子を見る為
に根が露出しない程度に土をはらって写真に撮ってみました。
現在、球根の大きさは2.5cm程度、葉は毎年同じ大きさで葉長5cm程のを一枚のみ出葉。

ペンロックのこの記事の中程にある写真が多分同一の物と思われますが、これ以上の情報
は見つからず....
a0149642_155442.jpg

花は昨年も写真に撮った記憶があるのですが、HDの中から探し出す事できませんでした。
たしか花色は白で花径1cm弱の小さい物だったはずです。今度写真を撮った時には無くさ
ないように気を付けます...
花期は暖かくなって落葉した後の初夏咲きなので、残念ながら葉姿と花を同時に楽しむ事
はできません。同時に見られたら、さぞかし可愛いのに....
[PR]
by eriospermum | 2009-12-26 14:30 | bulb | Comments(0)

Pinguicula xGina

a0149642_14475072.jpg


a0149642_1448343.jpg


この Gina はメキシコ産のムシトリスミレ Pinguicula agnata x Pinguicula zecheri の交配で
つくられた園芸品種だそうです。入手した時は一株だったのですが、気がついたらば鉢一杯
ぎゅうぎゅうに増えてました。株数が増えるとその分花数も多くなり、次から次へと花が咲
くので花期も長くなり見る楽しみも増えますね。本来スミレとは全く別物の植物なのですが、
この花の可憐さはまさにビオラの可憐さと良く似ています。
こんな可憐で可愛い植物なのですがあえて難を言うとすると「葉が虫で汚れる」事でしょうか。
捕獲した虫を補助栄養とする食虫植物だからそれを言ったら元も子も無いんですがね ...
[PR]
by eriospermum | 2009-12-23 11:46 | carnivorous | Comments(4)

Whiteheadia bifolia

Whiteheadia bifolia Baker
a0149642_13294577.jpg

何年か前に友人からいただいた Whiteheadia bifolia が今年も元気に育ってきて
います。多くの南ア(RSA)産の球根類と同じようにこれも完全な冬型種。暑い時期
には完全に落葉して地上部には何も見られません。(うっかりすると捨てちゃう)
花序が立ち上がり出す前の今のこの時期の姿はマッソニアの類と非常に良く似てい
て可愛いのでが、花序があがって開花すると全く別物の妙な姿になります。

下は昨年の記録写真
a0149642_14155139.jpg

a0149642_1424558.jpg

花と言うより クラゲのポリープ みたいな感じです ... 。泳いで何処かに行きそう... 。
受粉すると花の中心の子房が急激に膨らんでくるのですが、その姿がまた異様 ... 。
[PR]
by eriospermum | 2009-12-22 14:53 | bulb | Comments(2)

Euphorbia clava

Euphorbia clava Jacq.
a0149642_1233297.jpg

これは今年の6月に南アの Silverhill Seeds からの種子を播いて実生した物の一株。
現在草丈10cm程、まだ開花には至っていませんがもう殆ど大人の姿になりました。
南ア産の多肉ユーフォルビアでもこの種は特に実生からの生育が早いですね。
多くのガガイモ類同様みるみる大きくなってくれるので世話をしていて楽しいです。


の Icones Plantarum Rariorum / Nicolao Josepho Jacquin 著の図版

a0149642_1237653.jpg


この図版の株は上の写真のような小さい株から何頭かに分岐してますが、今までこの種
を栽培していて意図的に芯止めでもしない限りこういう姿になった事はないです。
ん〜、自然下では環境要因でこういう多頭の株が時たま出来るのかな?
生長点を何かに食われたのでしょうか? 有毒のユーフォルビアを食う強者って... 何者?w
[PR]
by eriospermum | 2009-12-19 12:39 | succulent | Comments(3)

Eriospermum sp. aff. pubescens

Eriospermum sp. aff.pubescens Jacq.
a0149642_15271372.jpg

葉数が少ないイジケたギボウシみたいですよね ... 。
花は落葉した夏期に咲くので葉姿と同時に楽しむことは滅多に出来ません。
花は咲いても非常に小さく肉眼で楽しむのは困難。
では、この植物の見どころは? というと ...  謎。
存在の珍奇さぐらいでしょうか ...
でもこの類、好きなんですよね。興味が尽きません。


Eriospermum pubescensを例の http://digi.azz.cz/ で検索したみたら図版がありました。
Icones Plantarum Rariorum / Nicolao Josepho Jacquin 著の図版です。

a0149642_15223237.jpg

やはりイジケたギボウシのような姿....
小塊根のイボイボと根がかなりキショく描写されてますね。う〜ん、異様。
良く眼をこらしてみると葉には微細な毛は生えている様子。
我が家の株には毛が見当たりません。その点以外はそっくり。
う〜ん、我が家のは違う物なのか? 謎です。
開花時に見逃さずに写真が撮れた時には、この図とピンクのエリオ本と
見比べ花の形状を照合してみることにしましょう。
[PR]
by eriospermum | 2009-12-18 17:51 | caudex | Comments(0)

Crassula umbella

Crassula umbella Jacq.
a0149642_20325522.jpg

Crassula umbella 通称ワインカップと呼ばれている南アフリカ産の塊根性の
クラッスラです。葉の形状とかは地中海周辺に産する Umbilicus rupestris 等
に良く似ていますが、花が上がってくるとその株姿は全く違うものになります。

この数日の間に葉の中心がモゾモゾしだしたようなのですが、なにぶん私の
肉眼では良く判らず、マクロレンズを付けたカメラを覗いて確認してみました。
お〜、しっかり花芽が形成されている様子。ついでにと記録の写真も撮影。
も少し生長して花もしっかりして来た頃にまた写真にしてupしたいと思います。
その時には出来れば Umbilicus と並べて写真にしてみたいですね。

ネットの海原を探っているとこんな画像が・・・ 
かなり年代物のよう

a0149642_16105239.jpg

逆に辿っていったらばチェコの元サイトにたどり着きました。
http://www.azz.cz/
このサイトにある図書館の蔵書デジタライズデータベースで公開している
画像でした。
書籍自体の画像も発見↓
a0149642_163524.jpg

書名は Icones Plantarum Rariorum で、著者は Nicolao Josepho Jacquin
1781年から1793年にかけて出版されていた物。
う〜ん、豪華な装丁! ヨダレが .... ,

おまけ
[PR]
by eriospermum | 2009-12-16 17:13 | succulent | Comments(4)

Pleurothallis prolifera

Pleurothallis prolifera Herb. ex Lindl.
a0149642_1826530.jpg

a0149642_16173195.jpg

ベネズエラ〜ブラジル〜ボリビアに生息するランの一種、Pleurothallis prolifera です。

生息範囲も広いので産地によって葉姿にもいろいろ変異がある様子。
写真の株はすらーと背が高く伸びるタイプです。
産地によっては栽培が難しいものも多いプレウロタリスの一種ですが、この種は
非常に強健で乾燥にもめっぽう強くかなり気楽に栽培でき、この仲間の際立った
特徴である『葉の上に花が咲く』姿も楽しめ、その上ときおり自家受粉するので
2枚目の写真の様に『葉の上で種子が出来る』姿も楽しめます。

続きを読む
[PR]
by eriospermum | 2009-12-12 17:32 | orchid | Comments(0)

Eriospermum dregei

Eriospermum dregei Schönland
a0149642_15432697.jpg

毎年写真を撮ってる Eriospermum dregei の今年の姿です。
昨年は生長初期に水をやりすぎて大きく伸び過ぎてしまったので今年は
水を辛くしました。う〜ん、ちょっと少なすぎたかな... 。



a0149642_15463735.jpg

↑はかなり前に作った標本調の画像。クリックすると大きくなります。
このブログを作って一番最初にアップしたsp.も基本的にはこんな感じな
のですが、このドレゲイにしてもあのsp.にしても最近植え替えてないん
で、お芋がどんな感じに育っているかは不明です。
[PR]
by eriospermum | 2009-12-11 15:53 | caudex | Comments(4)