Bizarre Plants

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Euphorbia globosa

Euphorbia globosa Sims
a0149642_15231758.jpg

a0149642_15403079.jpg


Euphorbia globosa、和名で言うところの玉鱗宝が花を咲かせ出しています。
花と言っても所詮ユーフォルビアのお花なので極めて滋味で小さいもですが、
この種のお花は独特の造形が緻密な精密感を持っていてとても好きなのです。
本体の丸い玉からひょろっと花茎を伸ばして咲く姿もいとおしいです。

この種、非常に強健で栽培しやすい種なのではありますが、とても間延びし
易く、新玉を玉形にさせるのは中々難しいんですよね。この株、今後も死な
ない程度に虐めながら育てていこうと思っています。上手く形を整えて維持
出来るかな〜。ちと心配。
[PR]
by eriospermum | 2010-05-31 15:58 | succulent | Comments(0)

Pseudolithos cubiformis

Pseudolithos cubiformis ( P.R.O.Bally ) P.R.O.Bally
a0149642_20124417.jpg
a0149642_20125558.jpg


先日のホワイトスロアネアに引き続きソマリア原産の多肉ガガイモであります。
四月下旬に出蕾しその後じわじわと蕾を大きくしてきていたプセウドリトス・
クビフォルミスが今日になって花を咲かせはじめました。無事咲いてくれて嬉。
というのもこの株は昨年ドイツから取り寄せたものなのですが、昨年はひたすら
養生させていたので一年待っての我が家での初花で喜びもひとしおであります。
開花に喜び、間近でつぶさに観察しようとしたら、プ~ンと強烈な匂いw
例の香りを無防備に吸い込んでしまいました。この株の花は強烈にウンコ臭かっ
たです。強烈に匂いを発してしるのもかかわらず今日は強風のため外を飛ぶ虫も
殆どいなかったようでポリネーターのハエ類の飛来はありませんでした。残念。

しかし、球体だけの姿でも珍奇な植物でありますがこうやって花を咲かせると
その姿はますますもって珍奇。植物というよりまるで海の生き物のようでありますね。

この株は現在5cm四方ほどの大きさでさして大きいものではないですが、上から
見ると種小名のとおりしっかり四角形の形をしております。現地球のようなので
水はかなり控えめしていた為もあって昨年と大きさは殆ど変わっていません。
まああせって育てて突然腐らせてしまうよりは育ちは遅くとも永くゆっくり付き
合っていければと思っております。今回の開花で花が観察できたので、形状がたま
たま四角に育っている他種でないことはしっかり確認できたのでホっとしました。
[PR]
by eriospermum | 2010-05-27 21:59 | succulent | Comments(4)

White-sloanea crassa

White-sloanea crassa ( N.E.Br. ) Chiov.
a0149642_19132162.jpg

ソマリア原産の多肉ガガイモである ホワイトスロアネア・クラサです。
今迄のところ特別な問題も無く順調に生育しており太さ5cm 背丈12cm 程の大きさに
なりました。が、、、先日水やりの際に事故発生! 
鉢を横倒しにしてしまいました。言わずもがな冷や汗がタラタラ・・・
幸い本体に傷も無くホッと胸を撫で下ろしたのですが転倒の際に根を切ってしまった
可能性もあるので丁寧に水で洗って土を払い、いったん陰干ししてから植え替えてやる
ことにしました。

a0149642_15133319.jpg

陰干し中でしたが日向に連れ出しヌード撮影。
上の写真では土中に埋まっていて見えないのですがヌードだと株元の四方に花芽準備中なの
が見て取れると思います。植え替え後に拗れなければ近い内に花が楽しめるかな。
母子ともに無事の帰還を願うばかりの現在であります。
[PR]
by eriospermum | 2010-05-22 15:50 | succulent | Comments(2)

Euphorbia waringiae

Euphorbia waringiae Rauh & Gerold
a0149642_18232454.jpg

a0149642_18225120.jpg

a0149642_1823791.jpg

先日 Euphorbia suzannae-marnierae を取り上げたのでついでと言っては
何ですが Euphorbia waringiae Rauh & Gerold の開花写真も載せておきます。
同じ条件下で育てているのにどういう訳かこちらの方は花付きがイマイチ。
そもそもそういうタチなのかどうかは今もって良くは判りません。
ネットで見ると花色は栽培環境によってバラツキが出るのか緑〜ピンクまで見る
事でき一様では無い様子。我が家では E. suzannae-marnierae に比べて鮮やかな
ピンク色に色付いて咲いています。色のせいか E. suzannae-marnierae よりも
一花一花が美しく感じられます。とは言っても滋味ですが....
[PR]
by eriospermum | 2010-05-13 18:47 | caudex | Comments(0)

Euphorbia suzannae-marnierae

Euphorbia suzannae-marnierae Rauh & Petignat
a0149642_17212418.jpg

a0149642_17214347.jpg

a0149642_1722560.jpg


left : Euphorbia waringiae Rauh & Gerold
right : Euphorbia suzannae-marnierae Rauh & Petignat
a0149642_17281870.jpg


マダガスカル産の塊根性ユーフォルビアである Euphorbia suzannae-marnierae Rauh & Petignat
が今年もタワワにお花を咲かせています。
一花自体はとるにたらない滋味なお花なのではありますが、満開状態のその咲く姿は特徴的で独特
の美しさがある思います。

この植物は Euphorbia waringiae Rauh & Gerold と同時に入手していた物なで入手時
の姿はとても似ていてこの二つの違いって何?と思っていたのですが、こうして育ってみると
それなりに違いが見えてきました。が... 決定的にどう違うかは今もってよく判りませんが... (笑
[PR]
by eriospermum | 2010-05-10 17:49 | caudex | Comments(2)

tiny flower

a0149642_20331576.jpg

a0149642_20334017.jpg

Schizobasis intricata Baker 現在は Drimia intricata ( Baker ) J.C.Manning & Goldblatt )かな ?
が今年も極小の白いお花をポツラポツラと咲かせだしています。
あまりにも小さく滋味なので沢山咲いてもお花見気分は味わえませんね... 。
でもこのお花の咲く姿って結構好きなんです。

上の写真は数年前に実生した株の今年の初花です。本体の球根の姿は↓
a0149642_20435079.jpg

20cmの平鉢に20球程、球根の大きさ(直径)は皆大体3cmぐらいになってます。
今年はアミダクジ状の蔓も本格的に伸びてきたので高さ30cm位までモジャモジャ
に絡まっています。カオス状態でほどくのは甚だ困難...。
[PR]
by eriospermum | 2010-05-04 21:23 | bulb | Comments(1)