Bizarre Plants

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Umbilicus

Umbilicus horizontalis? Umbilicus rupestris?
a0149642_14223486.jpg

Umbilicus に間違いはないのですが種小名は未だに判らないまま育てて ?(と言うよりは居
着いていると言った方がいいのかもw)いる物です。
今年もいつの間にかにニョキニョキと新葉を出し始めていました。これからグングン大きく
なります。このくらいの大きさの頃は群生する緑のキノコといった面持ちですね。

うちにやってきて10年位は経ってるのですが、大事にしているつもりでもいつの間にか消え
ていたり、思いもよらぬ所から子が出て来ていたりの繰り返しでなんとか維持して今に至っ
ています。ある意味気ままで自由奔放な雑草ですね。でもかわいいので憎めません。

属名である Umbilicus はヘソの意味なので、この文字列で画像検索するとヘソの画像の羅列
が出るのでご注意下さいw (医学的なちょいグロ画像もあったりします...)
どなたか、Umbilicus の種の判別の仕方のご存知の方いらっしゃいませんかねぇ.... ?

おまけ : Crassula umbella (所謂 クラッスラ・ワインカップ)の萠
[PR]
by eriospermum | 2010-10-30 13:32 | succulent | Comments(4)

Duvalia caespitosa IB10794

Duvalia caespitosa Haw. IB10794
15 km from R57 turnoff to Baviaanskloof
a0149642_15461188.jpg

a0149642_15463430.jpg


昨日、一昨日と、異様な寒さでしたが、今日はポカポカ陽気の日だまりの中でDuvalia caespitosa IB10794
が咲き出していました。花弁のふちに例のヒラヒラが付いている点が他の変種と微妙?に違うようであります。
自生する地域に生息するポリネーターなる虫の種類に対応しての進化なんでしょうか。興味深い差異です。
先日アップしたお花全身毛むくじゃらの D. caespitosa ssp. vestitaと見比べて差異を探すのも面白いですよ。
この花は開花直後に匂いを嗅ぐ事できたのですが、小さい割に強烈な臭いを放ってました。まさに生ゴミ臭w
開花直後は強烈に臭けど半日程で臭いは和らぎます。嗅ぎ逃したssp. vestitaははたしてどんな臭いだったのか...
[PR]
by eriospermum | 2010-10-29 18:52 | succulent | Comments(0)

Eriospermum sp. aff. bowieanum

a0149642_1656115.jpg

多分 Eriospermum bowieanum Baker であろうと思っている無毛で軸色も白い名無し入手の
エリオスペルマムの今年の出葉し始めの姿です。昨年12月撮影の完全な姿はこちらをどうぞ。
昨年は4芽でしたが今年は1芽増えて5芽で出現し始めました。1芽増えるとちょっと嬉しい。
10年育ててやっとここまで来たかと言う感じ...。もっと増えるともっと嬉しいんですが... w
[PR]
by eriospermum | 2010-10-27 17:21 | caudex | Comments(5)

Eriospermum proliferum

Eriospermum proliferum Baker
a0149642_17282634.jpg

a0149642_17283961.jpg

a0149642_17285137.jpg


付属器を持つエリオスペルマムの中でもすらっとしたスタイルがかわいいEriospermum
proliferum
です。今年の猛暑の夏越しのため涼しい所に置いておいたらば芽出しの時に日照
が不足してしまったのか、かなりひょろ〜っと背が伸びてしまいました... w 結果、身長14cm。
株元に見えます赤いお姿は昨年の出現のなごり。立体標本?のごとく奇麗に残っていたので抜か
ないでそのままにしておきました。異星人ミイラと生体ですw
[PR]
by eriospermum | 2010-10-26 15:18 | caudex | Comments(4)

seeds

a0149642_1348645.jpg


種子としてはかなり高価でしたが買ってみました。
とある新種の種子だそうです。
発芽率やいかに。
それに真贋がはっきりするにのは何年後か... w
ある意味かなりリスキーなバクチですね...ww
さて、まずは消毒するか。
[PR]
by eriospermum | 2010-10-25 13:57 | succulent | Comments(2)

Peperomia sp.

a0149642_15282189.jpg

a0149642_15284124.jpg

この春にドイツ経由でやって来たペルー産のペペロミアのsp.です。イモ径は5cm程。
今年の猛暑も乗り切り根もしっかり出て来た様子、カイワレ大根のような葉も茂っております。
写真に撮ってみて初めて判ったのですが、下のクローズアップ写真で見られる様に花芽が上が
り出して来ていました。この数ミリの花芽、肉眼で見た限りでは萎んだ古い葉だとばかり思って
いました... w 写真を撮ってみての予想外の発見にちょっと嬉し。こうやってクローズアップで
拡大してみると、この葉っぱの形や質感は Umbilicus rupestris にそっくりなのも意外な発見。
[PR]
by eriospermum | 2010-10-21 01:38 | caudex | Comments(5)

Euphorbia globulicaulis 出葉2形態


ソマリア産の珍奇な小型ユーフォルビア Euphorbia globulicaulis 二株がたまたま
違う姿の生長過程を見せてくれていたので写真におさめておきました。

Euphorbia globulicaulis S.Carter
a0149642_13341412.jpg

↑ 葉のみ出している状態の株の姿
新しい球体の育成にエネルギーを集中させている時にはこういう葉姿なのでしょうか。

a0149642_13343139.jpg

↑ 枝を伸ばし葉を沢山付けている株の姿。
夏に枝先に花を咲かせ、その後分岐しこの状態に至っています。
開花&結実をする余力を感じるとこの姿になるのでしょうか...
それとも生命の危機を感じて子孫を残そうと開花しこの姿になるのでしょうか... w

a0149642_13344662.jpg

上の二株を並べてみました。ご覧のとおり株の大きさは殆ど同じです。
株の根付き具合や成熟度でこのような違いが現れるのでしょうが、あらためて
比べてみると中々面白いです。来年はどんな姿を見せてくれるかな〜。
[PR]
by eriospermum | 2010-10-20 13:58 | succulent | Comments(2)

Eriospermum paradoxum の萠

Eriospermum paradoxum Ker Gawl.
a0149642_12473344.jpg

a0149642_12474748.jpg

今日の写真は付属器を持つエリオスペルマムの代表種、Eriospermum paradoxum の萠。
今週になって我が家でもやっと冬型のエリオスペルマム達が本格的に動き出し始めました。
珍奇な姿の物が多々あるエリオスオペルマム達の中でも、なんだかんだ言ってやはりこの
毛深い Eriospermum paradoxum が一番繊細で美しいかと思う今日この頃であります。
[PR]
by eriospermum | 2010-10-19 13:03 | caudex | Comments(6)

小型だけれど...

Sansevieria 'Dwarf Spoon Leaf'
a0149642_1624228.jpg

学名は Sansevieria subspicata Baker var. concinna ( N.E.Br. ) Mbugua で良いのか今もって情報不足。
'Dwarf Spoon Leaf' とか aff.concinna とか呼ばれているものであります。
スプーン状の葉がかわいい極小型のサンセベリアでありますが、地下部はかなり凶暴...。
土中で地下茎が無秩序に暴れまわります。
十年くらい前に実生苗二株入手してから栽培しはじめたのですが、最初の数年はかわいらしかった...w
ある程度頭数が増えると爆発的な増え方します... もろネズミ算的に。頭数増えるのは嬉しいのだけれど、
鉢内でおとなしくコンパクトに収まってくれないからはなはだ始末が悪い...。
春植え替えたばかりなのに、この半年の間に土中で新芽かなり増え、用土を鉢からこぼし出す状態にな
ってしまったのでこの秋にも植え替えすることに。それで鉢から抜いてみた今年の様子を記録したの
が上の写真であります。地上の葉の部位よりも明らかに土中の部位の容積が多いです。芋並みw
[PR]
by eriospermum | 2010-10-18 17:34 | Comments(2)

Duvalia caespitosa subsp. vestita

Duvalia caespitosa Haw. subsp. vestita (Meve) Bruyns
a0149642_13441351.jpg

a0149642_13442855.jpg

a0149642_1646023.jpg

今年の春にドイツのエキゾチカから入手したDuvalia達、既に色々を開花していたのです
が、忙しさにかまけて写真を撮ったり出来ないでおりました。
今日温室を覗いたらこれが咲いていたのでDuvalia達の記録写真のとりあえず手始めにと
写真におさめてみました。
このDuvalia caespitosa subsp. vestitaは黒々とした毛むくじゃらのお花が素敵です。
見た目に反して例の臭い系統の臭いは全く放ってませんでした。ちょっとものたらないw

おまけ
[PR]
by eriospermum | 2010-10-15 13:58 | succulent | Comments(2)