Bizarre Plants

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Euphorbia hedyotoides

Euphorbia hedyotoides N.E.Br.
a0149642_19301466.jpg
この種は、草姿が地味なので奇想天外な造形のものが多いユーフォルビアの中では存在感が薄いかも知れませんが、私のお気に入りのマダガスカル産の塊根・塊茎植物であります。繊細な葉姿と古株の大きく太った塊茎のなすコントラストは数あるコーデックスの中でもかなり優美な部類でしょう。現在二本育てていますが、これの他のもう一本は昨年の夏にexoから購入したものでいまだ発根管理中。つい最近になって葉がしっかり出て来るようになったのでやっと根が張って来た様子です。そちらも枝や葉が程よい姿になった時には再びお披露目したいと思っています。



おまけ。
[PR]
by eriospermum | 2014-06-12 20:18 | caudex | Comments(0)

seeding / 実生

震災後、積極的な実生は避けて来ていたのですが、この春にはそろそろ気分転換にしようと色々と種子を購入したりしておりました。下の写真に写っているのはごく一部で、まだまだ沢山のあります... 。 全部播けるのかちょっと不安w
a0149642_22534325.jpg


下の皿に入れてあるのは昨日温室から収穫して来たユーフォルビアの種子達です。この春は、お遊びで色々チョメチョメしておきました。Euphorbia gymnocalycioides に他の別系統のモノを掛けてみたりもしたのですが、今回そちらは全部不稔...。Euphorbia gorgonis の花粉をEuphorbia obesa に付けてみたところ、受粉させた十花中に一粒だけ実りました。遊び心で色々試みたのですが、系統の違う者同士の交配はやはり成功率低いですね。中々思うようにはいってくれません。
a0149642_22535946.jpg



最後のこちらは、先日播いた Euphorbia hadramautica の種子として入手していたものの発芽一日後の姿です。種子の素性はもっと大きくなってみないと何とも言えませんが、少なくとも新鮮な種子ではあった様子。播種後正味二日程で70%発芽致しました。さて、どんな姿を見せてくれるでしょう...。本物の Euphorbia hadramautica であることを祈るばかり。

a0149642_22543480.jpg



なんとなくのおまけ
[PR]
by eriospermum | 2014-06-11 23:54 | succulent | Comments(0)

Eriospermum mackenii 夏型の小型のエリオスペルマム

Eriospermum mackenii Baker
a0149642_19205638.jpg
a0149642_19211576.jpg
夏型で小型のエリオスペルマムであるEriospermum mackenii が咲き始めました。写真の株は三号鉢植え。
どうも花が開いているのは昼〜夕方までのよう。早朝や夜は花弁が閉じていて咲いている姿は見れません。夏型エリオの代表種 Eriospermum abyssinicum の様には葉も花茎も大きく伸びずコンパクトに収まってくれるので小型植物好きには都合が良い植物です。写真の株、おっぱい状の塊根の手前の芽は、出葉前に昨年の枯れ葉の整理をした際、どうもむしりすぎて新芽まで傷めてしまった様子。今春はいまだ出葉していませんが、最近になってやっと緑色の芽っぽい物が見え出してきました。無事の回復と出葉を祈っています...。

IPNIで Eriospermum mackenii を調べると、Bakerの1876年記載のものの他に、Eriospermum mackenii subsp. galpinii (Schinz) P.L.Perry 1994 と Eriospermum mackenii subsp. phippsii (Wild) P.L.Perry 1994の二つの存在が現れてきます。エリオ本で調べるとそれぞれ分布域が異なり、姿も違う様子です。Eriospermum mackenii Baker と Eriospermum mackenii subsp. galpinii の図版による大きな見た目の違いは基本種が葉が一つの芽から複数出る、subsp. galpinii は単葉といった感じ。残る subsp. phippsii は分布域が凄く限られていて葉に短い白い毛が生えているとの事。詳しく知りたい方はエリオ本 ( A Revision of the genus Eriospermum ) をご覧下さい。



[PR]
by eriospermum | 2014-06-03 20:09 | caudex | Comments(2)

Pseudolithos cubiformis

Pseudolithos cubiformis ( P.R.O.Bally ) P.R.O.Bally
a0149642_22460071.jpg
今年もプセウドリトス・クビフォルミスが沢山花を咲かせてくれました。いつもの事ですが、とてもとてもクサイです。
Facebookのガガイモグループに投稿したところたちどころにたくさんのいいね!を頂いたりして嬉しい限り。ドイツのこの筋の方からはDMにて氏の関わっている多肉植物ジャーナルに記事として載せたいとのお話も頂き、その雑誌のサンプルを見せていただいたりもしました。しかし、ドイツ語オンリーのジャーナルでチンプンカンプンw 要望に従い英語で文章送れば良いのでしょうが、英語で記事になるような文章考える作業も慣れていないし、ドイツとこちらでは環境要因や資材的な違いもあるので参考になる文章が書けるかどうか考えだしちゃって、とても気後れ...。さてどうしたものだか...(困)。



おまけ。
[PR]
by eriospermum | 2014-06-02 23:36 | succulent | Comments(0)