Bizarre Plants

タグ:Aglaomorpha ( 2 ) タグの人気記事

旧 Thayeria cornucopia

Aglaomorpha cornucopia 
Basionym: Thayeria cornucopia
a0149642_17443878.jpg
このブログでは何度か取り上げているフィリピン等に生息する大型の着生シダ Aglaomorpha cornucopia の今期の姿です。写真の真ん中の葉の長さは1mほど。栽培三年目の昨年、株が大きくなりすぎたので二つに株分けした内の一株です。本来は木の幹にへばりついて匍匐しながら育っていく物ですが、我が家の温室では着生管理には湿度が低すぎるのでバークチップで大鉢に植え込んで育てています。左手前側の葉はこの冬に育ち出した生長途中の未だ柔らかいものですが温室内の湿度不足と温度不足であまり大きくなれていません。春以降の野外管理時にはまた再びおもいっきり自由に大きく育ってもらいたいです。本種はとても葉姿に特徴のある面白いシダだと思うのですが日本での栽培数はかなり少ないようです。

a0149642_18205276.jpg
a0149642_18283285.jpg

下の二枚のアップ写真からご覧頂けるように、葉の付け根部分は丸く壷状にふくらんでいてその底の内側には黒い根が生えています。たぶん、他の植物にへばりつくリゾームから出る根から得られる水分に頼るだけでなく葉に水や栄養源となる落ち葉を溜め効率的にエネルギー摂取できるように進化したのでしょう。他の多くの Aglaomorpha や Drynaria 等とも違う独特の不思議な形態をしています。それ故にか以前は独立して Thayeria属 とされていたのかも知れませんね。



本日のおまけ
[PR]
by eriospermum | 2014-02-18 18:56 | fern | Comments(1)

かさばる シダ の類

Drynaria rigidula 'Whitei'
a0149642_15562918.jpg

a0149642_15563939.jpg

ドリナリア・リギデュラ・ホワイティの 新しい泥除け葉がニョキニョキ出てきております。
写真には写っていませんが本葉は羽衣芸の'Whitei'という個体で現在葉長1m程。
羽衣芸も涼しげで綺麗なのですが、私個人はシンプルな原種の方が好きだったりします。


Aglaomorpha cornucopia
Basionym: Thayeria cornucopia
a0149642_15562062.jpg

こちらはタイエリア・コルヌコピアの新芽。なんかまるで虫のサナギのよう。キモカワイイというかなんというか...w
リゾーム自体も巨大な芋虫がのたくっているようでキモカワイイというか、ちょっとゾッとします...w

a0149642_15563367.jpg

枝数が増えてしまったので昨年株分けしていたのですが、また鉢の外に逃げようとしています。
この新芽の生長が一段落ついたらば今後どのように育てるかまた対策練らねば...。
現在葉長1m程。まだどんどん大きくなるんだろな...。


Aglaomorpha heraclea
a0149642_15564511.jpg

これは、一番この先が怖い大型種のアグラオモルファ・ヘラクレア。
現時点では大きい葉でも1m程で収まっていますがどこまで大きくなるのやら。(恐...
[PR]
by eriospermum | 2013-08-04 16:28 | fern | Comments(2)