Bizarre Plants

タグ:flower ( 73 ) タグの人気記事

気分転換

a0149642_17421159.jpg

a0149642_1742244.jpg

a0149642_18164418.jpg

植物ネタからはずれますが、気分転換に新しいデジタルカメラを購入してみました。Sony α7R と言うカメラです。
今回はカメラボディのみの購入でしたので手持ちのライカレンズをマウントアダプターを介して取り付けテスト撮影してみました。マウントアダプターがヘリコイド付きの物なので結構接近撮影もできるから今後植物の記録写真にも使えるかもと皮算用。上の三枚ともに Sony α7R + Leica Noctilux 50mm F1.0 絞り開放f1.0で撮影

a0149642_17435977.jpg

手前が今回導入した Sony α7R 。後ろは何年か前に入手していたSony NEX5N 。
[PR]
by eriospermum | 2013-11-19 18:35 | succulent | Comments(0)

Eriospermum cervicorne 花と葉姿

Eriospermum cervicorne Marloth
a0149642_20573364.jpg

a0149642_2058355.jpg

a0149642_20581885.jpg

a0149642_2152029.jpg


昨日アップした記事にも載せた種ですが、あらためて黒バックで撮影したので今年の九月末の開花写真と共にアップしておきます。葉は軸からエネーションまで全体にまばらに白い産毛をまといドレゲイともパラドクサムとも違う一種独特な雰囲気を醸し出しています。しかし、見れば見る程に面妖な姿。エリオスペルマム、つくづく不思議な植物です。
[PR]
by eriospermum | 2013-10-31 21:30 | flower | Comments(0)

Eriospermum etc. などなど冬型植物活動開始

Eriospermum cervicorne
a0149642_14571998.jpg


Eriospermum bowieanum
a0149642_14571297.jpg


Eriospermum alcicorne
a0149642_14575996.jpg


Eriospermum aphyllum
a0149642_1458723.jpg


Eriospermum dregei
a0149642_14584824.jpg


Eriospermum titanopsoides
a0149642_14584375.jpg


Narcissus viridiflorus
a0149642_14585862.jpg


Gethyllis verticillata , fruits & new leaves
a0149642_14591691.jpg

[PR]
by eriospermum | 2013-10-30 15:13 | succulent | Comments(0)

Echidnopsis malum 色付く

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_15541595.jpg

a0149642_15543399.jpg

先日のアップから二日経ち、Echidnopsis malum がいよいよ色付きました。色付具合がほんとにリンゴのようです。
主茎も新枝も順調に生長しています。来年には枝数ももっと増えているでしょうし、花数ももう少し期待出来そう。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-22 16:02 | succulent | Comments(0)

Echidnopsis malum の蕾のその後の様子

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_169013.jpg

a0149642_1694976.jpg


先日出蕾の様子をアップした Echidnopsis malum のその後の様子です。だいぶ蕾も大きくなってきました。この様子だと数日後には無事に花が成熟しそうです。現在蕾の大きさは2cm程。大きさの点ではもう少し膨らむぐらいでしょうか。無事に成熟して深紅に色付いてくれるのが待ち遠しいです。しかしホント花と言うより果実の様な姿ですね。不思議だ。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-20 16:23 | succulent | Comments(0)

マルム出蕾 とか近況

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_15314131.jpg

a0149642_15315576.jpg

酷暑が去った温室で久しぶりにゆっくりと水やりをしていたところ、 Echidnopsis malum が蕾を作り始めているのを見つけました。 Echidnopsis malum は花姿がまるで赤く色づいたリンゴの果実のような姿をしていて、多肉ガガイモ類の中でも一二を争う珍花を咲かせる事で有名な種であります。日に日に蕾はふくらんで来ていますが、まん丸ぷっくりした花姿を見せてくれるのは何日後になるかな〜。途中シケずに無事開花に至ことを今から心待ちにしております。


Lavrania haagnerae Plowes
a0149642_17392753.jpg

こちらは入手困難なガガイモ希少種 Lavrania haagnerae の現在の姿。
入手時一本のみの姿でしたが立派な四本立ちになりました。でも未だ開花せず。
来年ぐらいには花を見てみたいものです。


Euphorbia hypogaea Marloth
a0149642_17525950.jpg

こちらはこのブログでは度々登場する Euphorbia hypogaea です。しかしこれも中々出回りませんね。
今年も順調に生長しております。昨年よりも太く育ってきているのでちょっと頭でっかちなバランスになってます。
現在の背丈は10数cm。かなり大きくなったとは言えいまだに小型です。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-14 15:50 | succulent | Comments(2)

Euphorbia horwoodii

Euphorbia horwoodii S.Carter & J.Lavranos
a0149642_1744248.jpg

さきほど温室を覗いたらば ソマリア産の稀少ユーフォルビア Euphorbia horwoodii が地味な花を咲かせていました。
もう少し記録写真を撮りたかったのですが灼熱地獄に耐えられずほんの数カットで温室から逃げ出してきました。
今年は四方に枝を伸ばし出してきましたが自根株のせいか生長は激遅。立派な株立ちになるのはいつの事か...。遠い眼
[PR]
by eriospermum | 2013-08-14 17:15 | succulent | Comments(2)

Hoodia mossamedensis

Hoodia mossamedensis ( L.C.Leach ) Plowes
Basionym: Trichocaulon mossamedense L.C.Leach
a0149642_20305443.jpg

a0149642_20318100.jpg

開花はまだまだ先であろう思っていた Hoodia mossamedensis が初花を咲かせ始めました。
この種はホーディアの類にしては珍しく花茎を長く伸ばして開花するところが面白いですね。
シャープな星形の花姿はガガイモ類に良くあるけれど、ホーディアとしては特異だと思います。
今回は初花ですので花数はまだ少ないですが、いずれ株が充実して大きくなれば四方八方に花茎を
伸ばし沢山咲いてくれる事でしょう。何年先になるか判りませんがそう言う姿が今から楽しみです。
[PR]
by eriospermum | 2013-07-01 20:58 | succulent | Comments(2)

多肉?塊茎? のインパティエンス 2

Impatiens kerriae Craib
a0149642_14391699.jpg

Impatiens kerriae が咲き出しました。エキゾチカの見本写真のとおり綺麗な白花です。
現在の背丈は20cm強程です。塊茎や茎の質感はドルステニアの類と似ています。

a0149642_1441024.jpg

花色が白いのもあって「2001年宇宙の旅」のスペースポッドになんとなく似ている感じもします。
ツリフネソウ類の特徴ある距は花底に回り込んでいます。後ろにまっすぐ伸びていたらもっとカワイイのにな〜。

a0149642_144036.jpg

a0149642_14402876.jpg



昨年とりあげた Impatiens opinata も今また咲いています。
a0149642_16105246.jpg

黄花の Impatiens opinata はかなり大型なので Impatiens kerriae の鉢を持ち上げて花を比べてみました。
a0149642_1611577.jpg

ごらんのとおり花の大きさは同じくらい。株と花とのバランスで見ると Impatiens kerriae の方が断然良いで
しょうか。花形は Impatiens opinata の方が距の形の点でちょっとカワイイかも。Impatiens opinata は花序を
伸ばしてそこから徐々に一花づつ咲いていきますが Impatiens kerriae は茎に直接花が付きます。似てはいて
も大きさや花の付け方などなど色々相違点がありますね。 Impatiens opinata は僕としては大きさにちょっと
難を感じています。 花の大きさに対して身体が大きすぎ。切り戻して小さく(背丈低く)作り直せないかな〜。
しかし一株しかもってないので実行するのにはちと不安が付きまとい躊躇してしまいます...。
[PR]
by eriospermum | 2013-06-02 17:46 | succulent | Comments(6)

Cyanella hyacinthoides

Cyanella hyacinthoides L.
a0149642_207184.jpg

a0149642_201195.jpg

Tecophilaeaceae科の球根植物 Cyanella hyacinthoides がひっそりと咲き始めていました。
産地は南アフリカのナマクアランド、南ケープ、カルー、などの地域。
花の大きさは1~2cm程で小さすぎると言う訳ではないですが、大きく目立つ存在でもありません。

a0149642_21154041.jpg

薄青の爽やかな彩りの花弁の印象で清楚な雰囲気がありますが、アップで見ると牙をむき出した猛獣
のような奇抜な花形をしております。ガオーー 。
[PR]
by eriospermum | 2013-05-02 21:28 | bulb | Comments(0)