Bizarre Plants

タグ:flower ( 73 ) タグの人気記事

Narcissus viridiflorus

Narcissus viridiflorus Schousb.
a0149642_17463371.jpg

a0149642_17464686.jpg

a0149642_1747145.jpg

Narcissus viridiflorus の地味で華奢な花がおそまきながら咲きだしました。
独特の香りがする以外は非常に地味な存在です。草丈の大きい植物に囲まれていると
ややもすると見逃してしまいますね。花と言うより華奢な風車のような姿に味わいを
感じます。
[PR]
by eriospermum | 2012-12-29 17:56 | bulb | Comments(0)

Rhipsalis pilocarpa

a0149642_0225670.jpg

a0149642_2512969.jpg

a0149642_17412639.jpg

ぞんざいに扱われながらも我が家に十数年居着いているリプサリス・ピロカルパが今年も開花。
草姿だけでも結構楽しめる森林性サボテンですが、花咲くといっそう見栄えがしますね。
和名は'朝の霜'だったでしょうか。この植物にぴったりな 繊細で綺麗な名前だと思います。
[PR]
by eriospermum | 2012-12-28 20:05 | cactus | Comments(0)

Eriospermum sp.の 開花のその後

前にその他諸々と一緒に説明無しに写真upしていたエリオ不明種の開花とその後の足取り
をちょこっとまとめてみます。

Oct .29 開花開始
a0149642_17104545.jpg

 

Nov. 4 開花中
a0149642_16594354.jpg

  

Dec. 4 開花一ヶ月後の現在。一花実ってます!
a0149642_1701715.jpg



Dec. 4 開花しなかった別個体(といっても同一クローン)
a0149642_17193220.jpg


このエリオ不明種はY'sさん由来のものです。上の三枚(茶色い鉢)のは阪Q土漠さんから
いただいたもので、一番下の物(緑の鉢)はY'sさんからその後いただいたもの。
これの開花は全く予想していませんでしたが嬉しい誤算でしたw
そしてちょめちょめに力を貸した訳でもないのに勝手に一花自家受粉して結実しております。
完熟して毛の生えた種子がお目見えするのはもう少し先になるでしょうか。無事採種出来る
事を祈るばかり。そして上手く実生して増やしたいですね〜。はたして何粒取れるかな〜。
それにしてもこの不明種の正体いったい何なんでしょうね?
花の感じは E. paradoxumに非常に似ているように思います。草姿もどことなくE. paradoxum
に似ている感じですが、E. paradoxumそのものとも言いにくい.... 。
別に育てているE. aff. paradoxum の名で入手の毛の薄い個体とも様子が違う... 、
ま、種名はなんであれ姿が可愛いので大事に育てて大きな群生株に育ててゆきたいですね。


昨年、このブログ上で Eriospermum bowieanumの開花 を取り上げた際にE.bowieanum
のセルフポリネートへの挑戦してみる事を書きましたが、昨年はあえなく失敗。そして今年も
めげずに再チャレンジしようと思っていたのですが、ちょうど開花時期に超多忙で再チャレン
ジすること出来ませんでした(気が付いた時には花が終わっていた...)。
でも、今年のこの予期しなかったsp.の勝手なセルフ結実で少し希望が持てましたです。
来年こそはは準備万端整え、再チャレンジしてみようと思います。
[PR]
by eriospermum | 2012-12-04 17:54 | Comments(2)

wintergrowing tuberous crassula

Crassula umbella
a0149642_201673.jpga0149642_17214823.jpg

今年も動き出しました。今年は残暑厳しく水やり開始もかなり遅かったのではあります
が中々出てこず酷暑で枯れたか?と心配していましたところ無事新芽を出し始めました。
現時点では14芽程の大きく育ちそうな葉を確認。(左の写真)
右の写真はおととしの開花時撮った花のクローズアップ。

Crassula capensis var. capensis
a0149642_204338100.jpga0149642_20435094.jpg
これは今年Crassula capensis var. capensisとして入手した株。
下のsp.よりは花弁が開いていますが全開はしていません。
年齢と共に花が大きくなる(もしくは全開する)可能性はあるのかな?

Crassulra sp. ( Jonaskop )
a0149642_20455583.jpga0149642_20442639.jpg
こちらは以前から育てているsp.入手の株。
上の C. capensisとの際立った違いは雄蕊の軸色が赤いあたりです。

Crassulra cf. saxifraga
a0149642_17131572.jpga0149642_17132867.jpg
これは以前撮った Crassulra saxifraga であろうと思っているsp.入手の株の写真。
この株、今年も順調に育っているのですが、開花前に花序を折ってしまいました...。
花の違いの比較の為に再掲載しておきます。花弁が綺麗なピンク色です。
[PR]
by eriospermum | 2012-11-18 20:05 | succulent | Comments(2)

色々

a0149642_2320348.jpga0149642_23205725.jpga0149642_23425146.jpga0149642_14234777.jpg
a0149642_23213298.jpga0149642_23444838.jpga0149642_14275115.jpga0149642_2345376.jpg
a0149642_14313328.jpga0149642_1445414.jpga0149642_14414859.jpga0149642_12424493.jpg
a0149642_23482221.jpga0149642_14321331.jpga0149642_2347266.jpga0149642_14432436.jpg

先日撮った温室スナップ。てきとーに色々並べてみました。
[PR]
by eriospermum | 2012-11-06 18:02 | succulent | Comments(8)

Aloe chortolirioides

Aloe chortolirioides
a0149642_15415195.jpg

a0149642_154239.jpg

a0149642_15421564.jpg

アロエ・コルトリリオイデスの一株が咲き出していました。
まだそんなに大きな株ではないのですが、中々端正な株姿が気に入っています。
これはAloe chortolirioides var. boastiiとして入手した株でしたが、現在は
Aloe chortolirioides var. chortolirioidesのシノニムとなっている様子。
Aloe chortolirioides var. woolliana (Aloe woolliana )との違いはどこなんだろか?
[PR]
by eriospermum | 2012-08-12 16:02 | succulent | Comments(0)

Dorstenia hildebrandtii タイプ違い

ここのところ多忙にて記録写真もまったく撮っておらずブログも放置状態でしたが、
今日は気分転換にと今花が咲いている物を少しばかりですが写真に撮ってみました。
本日の写真は6月にexoから来たドルステニア・ヒルデブランディの2タイプです。

Dorstenia hildebrandtii Engl. forma crispum
こちらは葉っぱが縮れたクリスプム。
a0149642_1954149.jpg




Dorstenia hildebrandtii Engl. forma rubra
こちらは赤みを帯びたルブラ。
来たばかりですが既にこぼれ種が勝手に生えて来ています。
a0149642_19541657.jpg

あともう一つ、discoid tuberタイプと言うのも来ていますがそちらはまだ生育が
中途半端なので今回は割愛。

いやー、しかし、連日暑すぎ... 。温室では高温障害が出てしまっている植物もあり
ましたが、なんとかこの酷暑を乗り切ってもらいたいところです。
いまだ夏半ばですが連日こうも暑いと涼しい秋が待ち遠しい... 。
多分、温室の植物達もそう思っているはず... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-08-09 20:04 | succulent | Comments(2)

Sarcocaulon crassicaule 開花開始

Sarcocaulon crassicaule S.E.A.Rehm
a0149642_1430164.jpg

a0149642_1430321.jpg

a0149642_14304759.jpg

a0149642_14305644.jpg

今日はこの春到着の Sarcocaulon crassicaule が我が家での初花を咲かせ始めました。
今回のこの株は私が今まで入手したこの種の中では一番大きい株かも。株幅は40cm程。
刺々しく豪壮な株姿と相反した薄クリーム色の儚げな花が不思議なコントラストを生み
出しています。四方に伸びた枝のそこかしこで花芽を作っていますのでこれからしばら
くの間は開花が楽しめそうです。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-24 14:42 | caudex | Comments(0)

Pelargonium alternans

Pelargonium alternans J.C.Wendl.
a0149642_18161527.jpg

a0149642_1816236.jpg

先日の Pelargonium mirabile に続き新参の Pelargonium alternans が開花を始めました。
株姿は直径25cm程の盆栽状。葉はまるでパセリかニンジンの葉のような姿であります。
花弁が細く華奢な花ではありますが、シベの朱赤色が鮮烈で中々華やか。
実のところあまり期待していた種ではなかったのですが、今回のこの株は花も株姿も渋美しいです。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-22 18:50 | caudex | Comments(0)

Pelargonium と Sarcocaulon

6月に入って両親の体調悪化・入院・手術と続き疲れ果てている今日この頃なので
ありますがが、忙しくとも趣味の園芸ぐらいは中断せずに続けようと毎日少しの時
間を割いて植物の様子を見守り記録を取ったりするようにしております。
そんな折に、4月に到着した新参のペラルゴニウムやサルコカウロンが葉を茂らせ
花芽を膨らませ出し開花し始めました。疲労困憊の折、些細な事で心なごみます。

Pelargonium mirabile Dinter
a0149642_13535051.jpg

a0149642_13541379.jpg

a0149642_13544358.jpg

到着時はつんつるてんの只の枝状態でしたが、12cm角の深鉢に植え付け後にわかに
葉を茂らせ始めました。四月の植え付け後しっかり水をやったのは二回程なのですが、
葉ももっさり茂ってご覧のとおり。中々良い姿を見せてくれています。花はexoの
見本写真よりも花弁の地の色が濃いピンク色でした。2cm程の小さい花ですが葉の
美しさや光沢感ある茎の質感と相まって中々華やかで美しいです。写真を撮った今日
現在ではまだ6花しか咲いていませんが、蕾もまだまだいっぱい付いていますのでこれ
からしばらくは開花を楽しめそうです。タイミング良く満開時に写真を撮れたらばまた
あらためて写真をupしようかとも思っています。


Sarcocaulon vanderietiae L.Bolus
a0149642_1355175.jpg

a0149642_13551589.jpg

a0149642_1729818.jpg

こちらは葉が付いた状態で到着していた物なのですが、植え付け後程なく落葉し
ほとんど全ての葉が新葉に入れ替わりました。写真では判りにくいですが四方に
伸びた枝のそこかしこに花芽ができています。写真の一輪の花はこの株の我が家
到着後の初花です。クリームがかったオフホワイトの花の大きさは直径3cm強。
この種は枝も細く葉姿も平凡で貧弱ですが花が群開したら見事ですよね。楽しみ。

今日取り上げた二種やこの春に導入したペラルゴ・サルコの類は、以前にも栽培
経験ある物ばかりです。一見強健そうに見える種が意外に弱かったり、S. vande
rietiae
のように細いのに強かったりと性質は色々ですが、この類の現地物はおし
なべて皆国内実生ものよりはるかに繊細。順調に育っているようであってもちょ
っとした管理ミスで気が付いたらば枯れ木に...ということが過去しばしばありま
した。今回の導入物は皆根出しは上手く行った様なので一安心していますが、
今後の最初の問題は来日して初の夏越し。酷暑中蒸らさぬよう気を付けねば... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-17 17:09 | caudex | Comments(2)