Bizarre Plants

タグ:flower ( 74 ) タグの人気記事

Pelargonium と Sarcocaulon

6月に入って両親の体調悪化・入院・手術と続き疲れ果てている今日この頃なので
ありますがが、忙しくとも趣味の園芸ぐらいは中断せずに続けようと毎日少しの時
間を割いて植物の様子を見守り記録を取ったりするようにしております。
そんな折に、4月に到着した新参のペラルゴニウムやサルコカウロンが葉を茂らせ
花芽を膨らませ出し開花し始めました。疲労困憊の折、些細な事で心なごみます。

Pelargonium mirabile Dinter
a0149642_13535051.jpg

a0149642_13541379.jpg

a0149642_13544358.jpg

到着時はつんつるてんの只の枝状態でしたが、12cm角の深鉢に植え付け後にわかに
葉を茂らせ始めました。四月の植え付け後しっかり水をやったのは二回程なのですが、
葉ももっさり茂ってご覧のとおり。中々良い姿を見せてくれています。花はexoの
見本写真よりも花弁の地の色が濃いピンク色でした。2cm程の小さい花ですが葉の
美しさや光沢感ある茎の質感と相まって中々華やかで美しいです。写真を撮った今日
現在ではまだ6花しか咲いていませんが、蕾もまだまだいっぱい付いていますのでこれ
からしばらくは開花を楽しめそうです。タイミング良く満開時に写真を撮れたらばまた
あらためて写真をupしようかとも思っています。


Sarcocaulon vanderietiae L.Bolus
a0149642_1355175.jpg

a0149642_13551589.jpg

a0149642_1729818.jpg

こちらは葉が付いた状態で到着していた物なのですが、植え付け後程なく落葉し
ほとんど全ての葉が新葉に入れ替わりました。写真では判りにくいですが四方に
伸びた枝のそこかしこに花芽ができています。写真の一輪の花はこの株の我が家
到着後の初花です。クリームがかったオフホワイトの花の大きさは直径3cm強。
この種は枝も細く葉姿も平凡で貧弱ですが花が群開したら見事ですよね。楽しみ。

今日取り上げた二種やこの春に導入したペラルゴ・サルコの類は、以前にも栽培
経験ある物ばかりです。一見強健そうに見える種が意外に弱かったり、S. vande
rietiae
のように細いのに強かったりと性質は色々ですが、この類の現地物はおし
なべて皆国内実生ものよりはるかに繊細。順調に育っているようであってもちょ
っとした管理ミスで気が付いたらば枯れ木に...ということが過去しばしばありま
した。今回の導入物は皆根出しは上手く行った様なので一安心していますが、
今後の最初の問題は来日して初の夏越し。酷暑中蒸らさぬよう気を付けねば... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-17 17:09 | caudex | Comments(2)

Monanthes polyphylla ssp. amydros 開花開始

Monanthes polyphylla Haw. ssp. amydros Nyffeler
a0149642_15394215.jpg

a0149642_15395863.jpg

基本種のMonanthes polyphyllaよりも一足先にこの ssp. amydros が開花し始めました。
写真の株は直径15cm程のテラコッタの浅鉢植え。株元も結構みっちり茂っています。
このssp.は葉のブツブツ感が独特です。基本種よりも背が高くなりがちな印象もあります。
しかしまあ、小さく地味な植物ですが、なんというか葉姿も花姿も宇宙的な印象の植物です。

水分の蒸散効果でなるべく鉢内温度が上がらぬよう&蒸れないように管理しいていますが、
問題は梅雨後の真夏の管理。置き場所等間違えると蒸れて煮えて瞬殺の憂き目に遭います。
今年も上手く乗り越えられるかな〜。気を抜かぬようにせねば.... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-07 15:58 | succulent | Comments(2)

Resnova megaphylla の謎

Resnova megaphylla
a0149642_15455039.jpg

a0149642_1546299.jpg

今うちに居るレスノヴァ・メガフィラの中で一番色の濃い個体です。
葉のスポットも黒に近く地の葉色も他のに比べて濃い緑色。
花色は他のに比べてちょっと濃い感じがしなくもないですが、あまり変わらないような... w
レスノヴァ・メガフィラは産地違いも含めて個性色々ですね〜。
しかし、これって有名種なのにどこのデータベースでもレコードもオーサーネームも見つかりません。
大きな謎です。
現在レスノヴァはレデボウリアに統合されていますが、これはどういう種名になるんだろか?
また謎が深まる... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-06-02 16:00 | Comments(3)

Ledebouria socialis の色々

Ledebouria socialis ( Baker ) Jessop 'Paucifolia'
a0149642_1781314.jpg

a0149642_1783878.jpg

a0149642_1785639.jpg

Ledebouria paucifolia の名で入手したものですが上に記した名前が正確のようです。広く普及している
いわゆる '豹紋'より地模様が控えめで葉幅も広く球根の大きさもこちらの方が若干大きく育ちます。
少数だとあまり面白みがありませんが、ぎゅうぎゅうの「おしくらまんじゅう」状態のクランプに詰めて
育てると中々見ごたえある植物だと思います。


Ledebouria socialis ( Baker ) Jessop 'Violacea'
a0149642_17181323.jpg

こちらはいまや遺影となってしまったLedebouria socialis 'Violacea' の直径30cm大のクランプ。
昨年の311の震災の折に倒壊物の下敷になって殆どの球根が圧死してしまいました。無念...。
Ledebouria socialis 'Violacea' いわゆる '豹紋' は手頃な普及種ですが独特の葉色や文様が
とても好きでお気に入りの球根植物です。震災を生き残った数少ない球根からまた再び大きな
クランプを作るべく目下作り直し中。ここまで戻すのにまた何年かかる事やら...。


Ledebouria socialis ( Baker ) Jessop 'Miner'
a0149642_181509.jpg

こちらは矮性選抜個体のLedebouria socialis 'Miner'、名の通り'豹紋'に比べ球根も葉も花もかなり小さめ。
入手当初は'Minor'の誤記かと思っていましたが、ギリシャ・ラテン語的に'Miner'が正確で正解との事です。
これも時間はかかりそうですが大きいクランプに育て上げてみたいですね〜。
[PR]
by eriospermum | 2012-05-17 18:31 | bulb | Comments(6)

Monanthes brachycaulos 満開

Monanthes brachycaulos ( Webb & Berthel.) Lowe
a0149642_15162844.jpg

a0149642_1510237.jpg

a0149642_15103999.jpg


カナリア諸島に産するモナンテスの一種であるモナンテス・ブラキカウロスが現在満開中です。
この種はM.ポリフィラやM.パレンスに比べると葉の密度感が低くて草姿が散漫に見えスカスカ感
が若干ありますが、密生させればやはりそれなりに可愛い植物です。花咲く姿はやはり宇宙的。
このモナンテスの仲間は皆、極端な暑さや寒さにめっきり弱く、一日というか数時間でも適応
外の条件にあうといきなり死滅します。年中置き場所や管理条件に気を付けていないといけない
デリケートな植物です。これからの季節は暑さにあてないよう気を付けねば... 。油断禁物。
前回の移植時に15cm角のテラコッタ鉢に植えて育てていましたが二鉢とももう満杯状態。さて、
今度は何に植え付けようかな... 。
[PR]
by eriospermum | 2012-04-30 15:40 | Comments(0)

Eriospermum bowieanum 開花!

Eriospermum bowieanum Baker
a0149642_14464351.jpg

a0149642_1446294.jpg

栽培はじめてこの十年来、花芽を虫にかじられたり、水やりのせいか花芽がしけちゃったりして、
花を見る事できないでいた Eriospermum bowieanum が今年は無事開花にまでこぎつけました!
と、言いましても花の大きさはご覧の通り5mm程度のこの地味花... 。別段観賞価値がある訳で
はありませんw さて、頃合いを見てセルフ交配させてみましょう。でも、結実するかどうかは
未知数... 。何事もやってみなければわかりません。ダメ元でトライしてみましょう〜!


A Revision Of The Genus Eriospermum の Eriospermum bowieanum の図版と昨年の枯れ葉
a0149642_15164734.jpg


参考までに2009年出葉時の姿も再度貼っておきます
a0149642_21483680.jpg

[PR]
by eriospermum | 2011-10-08 15:35 | caudex | Comments(10)

Eucomis vandermerwei 満開

Eucomis vandermerwei I.Verd.
a0149642_11524063.jpg

a0149642_11531726.jpg


先日、開花が始まった姿をupした Eucomis vandermerwei がいよいよ満開状態になりました。
葉の赤い斑点模様もあいまってちょっと毒々しい色合いのこの植物ですが、窓辺で陽にすかし
てみると意外にもさわやかな姿が現れます。そんな姿を写真におさめておきました。
[PR]
by eriospermum | 2011-10-05 12:06 | bulb | Comments(0)

Sansevieria hallii の花芽

Sansevieria hallii Chahin.
a0149642_13361483.jpg

a0149642_13363342.jpg

a0149642_13364815.jpg

いわゆるサンスのベースボールバット。
棍棒の地際から直接出る花芽、不思議な姿です。なんかのモニュメントみたい。
ここ数日急に寒くなって来ましたが、こじれずに無事に咲いてくれるいいな〜。
[PR]
by eriospermum | 2011-10-03 13:40 | succulent | Comments(0)

Eucomis vandermerwei 開花

Eucomis vandermerwei I.Verd.
a0149642_1612162.jpg
a0149642_16115837.jpg
a0149642_16113750.jpg

極小型のパイナップルリリー、Eucomis vandermerwei が咲き出していました。
先日のサンスベリアに引き続き、大型種が多い類の中の異例の小型種であります。
やはりこの植物は葉も花も色彩豊かで小さいながらも見どころ満載で良いですね〜。
以前栽培していた事がありますが、冬に寒さにあて過ぎたせいか気が付いたらば居なく
なっていました...w 今度は冬に寒い場所に放置しないように気を付けねばねばねばねば。
この株はこの春(震災直前)に南ア(RSA)の業者から届いた球根類のうちの一つです。
この時とったエリオスペルマムもそろそろ目覚めてくれるかな?期待と不安が半々です。
[PR]
by eriospermum | 2011-09-26 16:26 | bulb | Comments(4)

Sansevieria 'Dwarf Spoon Leaf' の花

Sansevieria 'Dwarf Spoon Leaf'
a0149642_19312063.jpg

a0149642_19165337.jpg

a0149642_19171119.jpg


学名は Sansevieria subspicata Baker var. concinna ( N.E.Br. ) Mbugua で良いのか
どうか今もって情報不足。'Dwarf Spoon Leaf' とか aff.concinna とか呼ばれている
ものであります。単体だとスプーン状の葉姿がかわいい極小型のサンスベリアであり
ますが、非常に生育旺盛でランナーが土中でワサワサモジャモジャにあばれまくり... 。
そんな単体の見た目からは想像付かない暴れん坊のこやつですが、その性質とはまた
対照的な清楚な花を咲かせます。サンスベリアにありがちな花ですが、植物本体が小
さいので見応えは十分。非常に目立って咲いてくれます。ただもったいない事に夜開
性でたったの一夜花なのですよ... 。せめて二日位は咲いていてくれれば良いのにね… 。
[PR]
by eriospermum | 2011-09-24 19:49 | succulent | Comments(2)