Bizarre Plants

タグ:peperomia ( 3 ) タグの人気記事

Peperomia cereoides の現在

Peperomia cereoides Pino & Cieza
a0149642_18593016.jpg

a0149642_1859965.jpg


Peperomia cereoides のその後の姿というか現在の姿です。
どうぞ、前のエントリーと見比べてみて下さい。
枝数もかなり増え、だいぶ大きくなりました。
2株植えで、背の高い方が35cm強、低い方が32cm程の背丈。
現在酷暑が続いていますから水を切り気味でちょっとゲッソリしています。
しかし一年で随分と大きくなるもんですね〜。来年はどんな姿になっているだろか。
[PR]
by eriospermum | 2013-07-26 19:28 | succulent | Comments(0)

Peperomia cereoides

Peperomia cereoides Pino & Cieza
a0149642_15295587.jpg


昨年夏に独exoから入手し以降順調に育っている Peperomia cereoides です。
ここのところFBなどでこれの写真をupすると、またたくまにかなりの数シェアされたり質問が来たり
しておりました。うちでは順調に育っていたので ??? と思っていたのですが、どうも国内外の多くの
方が他の多肉ペペロミアと同様に管理していて、ほぼ植え付け後にすぐに枯らしていた事を後から知
った次第です。私の場合、入手前の情報収集で高地性だと認識していたので高地性のものに合う置き
場所で管理していた事が植え付け後の活着や生長等の良い結果に繋がった模様であります。

IPNIのデータによると分布域はペルーの Dept. Cajamarca: Prov. San Marcos: Dist. José Manuel
Quiroz: trail from Liclic to Platanillo, 3070 m との事でかなりの高地です。

事前に把握していた情報というのは上記の分布域ぐらいなのですが、産地から想像して高度は違えど
カナリー諸島産で極端な暑さや寒さを嫌うモナンテス達が心地よく育つ常春の環境であれば問題ない
であろうとモナンテスと並べて同様に管理栽培してきて現在に至っております。管理の問題はモナン
テス同様どう上手く夏を越させるかですね。

a0149642_1634499.jpga0149642_16363077.jpga0149642_16374798.jpg

左の写真は、昨年の入手して間もない頃の様子。上の現在の写真の左株の新枝くらいの大きさでした。
真ん中の写真は、今年の二月初頭の姿。新枝はこの春の二ヶ月で急激に育った事が判ります。
右の写真は、現在の株元のアップ写真。色んなところから新枝が出始めています。
[PR]
by eriospermum | 2013-04-24 16:53 | succulent | Comments(2)

Peperomia sp.

a0149642_15282189.jpg

a0149642_15284124.jpg

この春にドイツ経由でやって来たペルー産のペペロミアのsp.です。イモ径は5cm程。
今年の猛暑も乗り切り根もしっかり出て来た様子、カイワレ大根のような葉も茂っております。
写真に撮ってみて初めて判ったのですが、下のクローズアップ写真で見られる様に花芽が上が
り出して来ていました。この数ミリの花芽、肉眼で見た限りでは萎んだ古い葉だとばかり思って
いました... w 写真を撮ってみての予想外の発見にちょっと嬉し。こうやってクローズアップで
拡大してみると、この葉っぱの形や質感は Umbilicus rupestris にそっくりなのも意外な発見。
[PR]
by eriospermum | 2010-10-21 01:38 | caudex | Comments(5)