Bizarre Plants

タグ:succulent ( 108 ) タグの人気記事

旧 ロマトフィルム・プロストラツム

今日は久しぶりに温室の掃除をしておりました。外はいまだに寒い日が続いていますが、温室内はかなり気温が上昇しています。厚着のままで掃除などしていたのでちょっとの間に汗だくに... 。

Aloe prostrata (H.Perrier) L.E.Newton & G.D.Rowley 
basionym : Lomatophyllum prostratum H.Perrier
a0149642_18482713.jpg
a0149642_18484958.jpg

写真はこのブログでも何度か紹介した記憶のある旧 ロマトフィルム・プロストラツムです。この十何年もの間手元にある植物ですので紹介したつもりになっていますが、もしかしたらこの種はこのブログでは紹介していないかも知れませんw
本種は花後の花序に必ずと言って良い程に不定芽が付きますので実生しなくともかなりの数の子孫を残せます。写真の株は4つの不定芽がそのまま結構な大きさにまで育っていますので、まるでオリヅルランのような姿になっています。

ところで本種の学名、写真の上にしっかり書きましたが、正直なところ確証を持っておりません... 。
マダガスカルの植物の大家である Werner Rauh博士のマダガスカル本 Succulent and Xerophytic Plants of Madagascar に紹介されている ロマトフィルム・プロストラツム はまさにこのタイプの地模様のあるモノなのですが、現在 ロマトフィルム・プロストラツム の名前で流通している植物の多くが違ったタイプなんですよね。どういうことなんでしょう? どなたかそこいら辺の事情ご存知の方いらっしゃいませんか? 情報宜しくお願い致します。

[PR]
by eriospermum | 2014-02-23 19:35 | succulent | Comments(5)

Euphorbia multifolia

Euphorbia multifolia
a0149642_16035656.jpg
5年程前に数本を小苗で入手していたユーフォルビア・ムルチフォリアの内の一本の現在の姿です。この株は他の株に比べなかなか枝数が増えず生長もゆっくりとしていたのですが昨年から下部に多数の枝が出てきました。現時点では小さい枝も数年後には四方に生長してバランス良い見ごたえある株になってくれそうです。

a0149642_16053537.jpg
本種は Euphorbia loricata の近縁種とされているように見た目も非常に E. loricata に似ていますが、葉数やその葉の出る茎のイボの密度が高いゆえ、観賞価値はロリカータより数段秀でていると思います。比較の為に十数年前に撮ったものですがロリカータの写真を下に貼っておきます。ロリカータには申し訳ないですが、ロリカータはなんとなく貧相ですw

Euphorbia loricata
a0149642_19002582.jpg
Euphorbia Journal に紹介されている Euphorbia loricata はまさにこのタイプだと思うのですが、ここのところネットの画像検索で見る事できる E. loricata と紹介されているものの多くはどうも雰囲気が違います。私見ですが、画像検索結果の多くは多分自然交配雑種か何かではないでしょうか。 ロリカータを片親とする美しい交配園芸品種に 紅彩炉裡火 がありますが、それらの画像は 紅彩炉裡火 とも違う姿をしています。紅彩炉裡火は↓

Euphorbia hyb. 紅彩炉裡火 (E. enopla x E. loricata)
a0149642_23262361.jpg

参考までに現 E. loricata を Euphorbia hystrix の名で最初に記載した Nicolao Josepho Jacquin 著の Icones Plantarum Rariorum の図版も貼っておきます。この図版は www.plantillustrations.org より。赤い花柄が印象的です。
a0149642_14072851.jpg


[PR]
by eriospermum | 2014-02-22 20:03 | succulent | Comments(0)

Euphorbia clava

今日は休みをとって何処かへ出かけようと思っていたのですが、駐車場に行ってみると先日の大雪で車が埋まってしまい
発掘困難な状態... 。掘り出して出かける事も考えたのですが、周辺の道も非常に状態が悪いままなので大事をとって家で
ゆっくりと休養をとる事にいたしました。

Euphorbia clava
a0149642_15143685.jpg
写真は実生四年生の ユーフォルビア・クラバ です。四年前に実生半年後の小苗の姿をアップしたきりでしたので、あらためて現在の姿を写真におさめておきました。現在は背丈30cm程の大きさになっています。本種はひょろひょろ〜っとした姿のせいか、多肉マニアやユーフォルビアマニアの方にはあまり愛されていない不遇な種の様な気がしますが私の気のせいかな...? 少なくとも、育てやすいにも関わらず流通量や栽培例が意外に少ない様な気がします。私は本種の草とも多肉ともつかぬ中途半端な容姿が醸し出す独特の雰囲気が大好きで時折種をまいて育てています。




おまけ、は
[PR]
by eriospermum | 2014-02-16 16:15 | succulent | Comments(0)

気分転換

a0149642_17421159.jpg

a0149642_1742244.jpg

a0149642_18164418.jpg

植物ネタからはずれますが、気分転換に新しいデジタルカメラを購入してみました。Sony α7R と言うカメラです。
今回はカメラボディのみの購入でしたので手持ちのライカレンズをマウントアダプターを介して取り付けテスト撮影してみました。マウントアダプターがヘリコイド付きの物なので結構接近撮影もできるから今後植物の記録写真にも使えるかもと皮算用。上の三枚ともに Sony α7R + Leica Noctilux 50mm F1.0 絞り開放f1.0で撮影

a0149642_17435977.jpg

手前が今回導入した Sony α7R 。後ろは何年か前に入手していたSony NEX5N 。
[PR]
by eriospermum | 2013-11-19 18:35 | succulent | Comments(0)

Echidnopsis malum 色付く

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_15541595.jpg

a0149642_15543399.jpg

先日のアップから二日経ち、Echidnopsis malum がいよいよ色付きました。色付具合がほんとにリンゴのようです。
主茎も新枝も順調に生長しています。来年には枝数ももっと増えているでしょうし、花数ももう少し期待出来そう。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-22 16:02 | succulent | Comments(0)

Echidnopsis malum の蕾のその後の様子

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_169013.jpg

a0149642_1694976.jpg


先日出蕾の様子をアップした Echidnopsis malum のその後の様子です。だいぶ蕾も大きくなってきました。この様子だと数日後には無事に花が成熟しそうです。現在蕾の大きさは2cm程。大きさの点ではもう少し膨らむぐらいでしょうか。無事に成熟して深紅に色付いてくれるのが待ち遠しいです。しかしホント花と言うより果実の様な姿ですね。不思議だ。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-20 16:23 | succulent | Comments(0)

マルム出蕾 とか近況

Echidnopsis malum ( Lavranos ) Bruyns
basionym : Pseudopectinaria malum Lavranos
a0149642_15314131.jpg

a0149642_15315576.jpg

酷暑が去った温室で久しぶりにゆっくりと水やりをしていたところ、 Echidnopsis malum が蕾を作り始めているのを見つけました。 Echidnopsis malum は花姿がまるで赤く色づいたリンゴの果実のような姿をしていて、多肉ガガイモ類の中でも一二を争う珍花を咲かせる事で有名な種であります。日に日に蕾はふくらんで来ていますが、まん丸ぷっくりした花姿を見せてくれるのは何日後になるかな〜。途中シケずに無事開花に至ことを今から心待ちにしております。


Lavrania haagnerae Plowes
a0149642_17392753.jpg

こちらは入手困難なガガイモ希少種 Lavrania haagnerae の現在の姿。
入手時一本のみの姿でしたが立派な四本立ちになりました。でも未だ開花せず。
来年ぐらいには花を見てみたいものです。


Euphorbia hypogaea Marloth
a0149642_17525950.jpg

こちらはこのブログでは度々登場する Euphorbia hypogaea です。しかしこれも中々出回りませんね。
今年も順調に生長しております。昨年よりも太く育ってきているのでちょっと頭でっかちなバランスになってます。
現在の背丈は10数cm。かなり大きくなったとは言えいまだに小型です。
[PR]
by eriospermum | 2013-09-14 15:50 | succulent | Comments(2)

荷解き中

夕闇迫って来たつい先ほど、ドイツからの荷が到着。
思っていたよりも早めの到着。ということで、早速に荷解き開始。
a0149642_19205864.jpg

今回楽しみにしていたのはこの Euphorbia hedyothoides 。
pot18Cのサイズの物ですが期待どおり大きなものでした。直径15cm程の巨大球。満足。

a0149642_1921925.jpg

こちらは確か一人一個限定だった Euphorbia horwoodii 。中々良い形の物が届きました。
株の状態も至って健康そう、昨年買った物より既に大きい。これも満足。

その他もろもろ取り寄せましたが、それらはまた別な機会にでもご紹介いたします。
[PR]
by eriospermum | 2013-08-28 19:40 | succulent | Comments(2)

Euphorbia horwoodii

Euphorbia horwoodii S.Carter & J.Lavranos
a0149642_1744248.jpg

さきほど温室を覗いたらば ソマリア産の稀少ユーフォルビア Euphorbia horwoodii が地味な花を咲かせていました。
もう少し記録写真を撮りたかったのですが灼熱地獄に耐えられずほんの数カットで温室から逃げ出してきました。
今年は四方に枝を伸ばし出してきましたが自根株のせいか生長は激遅。立派な株立ちになるのはいつの事か...。遠い眼
[PR]
by eriospermum | 2013-08-14 17:15 | succulent | Comments(2)

Peperomia cereoides の現在

Peperomia cereoides Pino & Cieza
a0149642_18593016.jpg

a0149642_1859965.jpg


Peperomia cereoides のその後の姿というか現在の姿です。
どうぞ、前のエントリーと見比べてみて下さい。
枝数もかなり増え、だいぶ大きくなりました。
2株植えで、背の高い方が35cm強、低い方が32cm程の背丈。
現在酷暑が続いていますから水を切り気味でちょっとゲッソリしています。
しかし一年で随分と大きくなるもんですね〜。来年はどんな姿になっているだろか。
[PR]
by eriospermum | 2013-07-26 19:28 | succulent | Comments(0)