Bizarre Plants

タグ:succulent ( 108 ) タグの人気記事

Hoodia mossamedensis

Hoodia mossamedensis ( L.C.Leach ) Plowes
Basionym: Trichocaulon mossamedense L.C.Leach
a0149642_20305443.jpg

a0149642_20318100.jpg

開花はまだまだ先であろう思っていた Hoodia mossamedensis が初花を咲かせ始めました。
この種はホーディアの類にしては珍しく花茎を長く伸ばして開花するところが面白いですね。
シャープな星形の花姿はガガイモ類に良くあるけれど、ホーディアとしては特異だと思います。
今回は初花ですので花数はまだ少ないですが、いずれ株が充実して大きくなれば四方八方に花茎を
伸ばし沢山咲いてくれる事でしょう。何年先になるか判りませんがそう言う姿が今から楽しみです。
[PR]
by eriospermum | 2013-07-01 20:58 | succulent | Comments(2)

お買い物〜

独exoticaからの荷が本日到着。配送中に腐ったもの無いかと早速に荷解き&状態確認。
状態確認のついでに購入時のサイズ記録写真を撮っておきましたのでその一部を載せておきます。
a0149642_17351874.jpg

€24のMonadenium reflexum は期待通り立派でした。でも一個しか買えなかった... 。
Monadenium schubei v. schubei は一人一個の限定。でもまだ売れ残ってるw 人気無い?


a0149642_17353338.jpg

これはアンゴラ産のEuphorbia monteroi。ぷっくり具合がいいですね。
でも水気多くてRSA産のより寒さに弱そうな印象。


a0149642_17355019.jpg

こちらはRSA Burgersfort 産のEuphorbia monteroi。
アンゴラ産のと違ってカブラ根が発達してますね。
こういうのって図体に比べて鉢を大きくしないといけないのが困りもの... 。


a0149642_17361056.jpg

直径2cmの自根 Euphorbia gymnocalycioides 。

a0149642_1736158.jpg

お手頃価格の Agave utahensis v. eborispina 。どんな刺姿に育つか楽しみ。

a0149642_17362170.jpg

昨年も購入した Peperomia cereoides 。現在も順調に育っていますが、保険として今年も買ってみました。
[PR]
by eriospermum | 2013-06-19 18:14 | succulent | Comments(2)

Euphorbia hypogaea

Euphorbia hypogaea Marloth
a0149642_2202095.jpg


昨年も同じ時期にこの ユーフォルビア・ヒポガエア についての記事 を書いたので今年も記録写真を載せておきます。
つい最近までは乾かし気味でしたので萎縮していましたが先週の水やりで少しふっくらして来ました。
今年も日焼けや根腐れする事なしに無事に育ってくれる事を願っております。今年はどう育つかな〜?
[PR]
by eriospermum | 2013-05-10 22:06 | succulent | Comments(2)

Peperomia cereoides

Peperomia cereoides Pino & Cieza
a0149642_15295587.jpg


昨年夏に独exoから入手し以降順調に育っている Peperomia cereoides です。
ここのところFBなどでこれの写真をupすると、またたくまにかなりの数シェアされたり質問が来たり
しておりました。うちでは順調に育っていたので ??? と思っていたのですが、どうも国内外の多くの
方が他の多肉ペペロミアと同様に管理していて、ほぼ植え付け後にすぐに枯らしていた事を後から知
った次第です。私の場合、入手前の情報収集で高地性だと認識していたので高地性のものに合う置き
場所で管理していた事が植え付け後の活着や生長等の良い結果に繋がった模様であります。

IPNIのデータによると分布域はペルーの Dept. Cajamarca: Prov. San Marcos: Dist. José Manuel
Quiroz: trail from Liclic to Platanillo, 3070 m との事でかなりの高地です。

事前に把握していた情報というのは上記の分布域ぐらいなのですが、産地から想像して高度は違えど
カナリー諸島産で極端な暑さや寒さを嫌うモナンテス達が心地よく育つ常春の環境であれば問題ない
であろうとモナンテスと並べて同様に管理栽培してきて現在に至っております。管理の問題はモナン
テス同様どう上手く夏を越させるかですね。

a0149642_1634499.jpga0149642_16363077.jpga0149642_16374798.jpg

左の写真は、昨年の入手して間もない頃の様子。上の現在の写真の左株の新枝くらいの大きさでした。
真ん中の写真は、今年の二月初頭の姿。新枝はこの春の二ヶ月で急激に育った事が判ります。
右の写真は、現在の株元のアップ写真。色んなところから新枝が出始めています。
[PR]
by eriospermum | 2013-04-24 16:53 | succulent | Comments(2)

ガガイモ類の開花続報

Anomalluma mccoyi ( Lavranos & Mies ) Meve & Liede
basionym : Pseudolithos mccoyi Lavranos & Mies
a0149642_19515390.jpg


Pseudolithos cubiformis ( P.R.O.Bally ) P.R.O.Bally
a0149642_194324.jpg

a0149642_1945864.jpg

a0149642_19465086.jpg


Larryleachia similis ( N.E.Br. ) Plowes
basionym : Trichocaulon simile ( N.E.Br.)
a0149642_19493372.jpg


Larryleachia cactiformis ( Hook. ) Plowes
basionym : Trichocaulon cactiformis N.E.Br. / Stapelia cactiformis ( Hook.)
a0149642_1951028.jpg


ガガイモ類が色々咲いています。臭いです〜。
[PR]
by eriospermum | 2013-04-22 20:59 | succulent | Comments(0)

Dorstenia hildebrandtii タイプ違い

a0149642_14515562.jpg

暖かい日と寒い日が交互にやってきて気温変化に身体や服装が追いつきません。
温室内では外の気温変化もなんのその、夏型の植物達が順調に再生長開始しております。

ガガイモ類同様に高温を好むドルステニア達も色々と活動再開しはじめました。
今日の写真は Dorstenia hildebrandtii タイプ違い三種類。

左は Dorstenia hildebrandtii forma crispum
真ん中は Dorstenia hildebrandtii discoid tuber type ( Dorstenia zanzibarica )
右は Dorstenia hildebrandtii forma rubra

何れも前にエキゾチカから取ったものですが、真ん中の discoid tuberタイプ は以前は確か同じ
品番で Dorstenia zanzibarica の名で売っていたと思います。
何がどうなって Dorstenia hildebrandtii として扱うようになったのかの経緯は不知。
その経緯、どなたかご存知ですかね〜?

先日独エキゾチカも再開店しはじめましたが今回はそれほど欲しい物がなく発注見送り。
この春は買い物せずに植え替えや温室整理に専念しようかなと思う今日この頃であります。
[PR]
by eriospermum | 2013-04-05 15:21 | succulent | Comments(2)

Monanthes polyphylla 開花中

Monanthes polyphylla Haw.
a0149642_1653253.jpg

a0149642_1713269.jpg

a0149642_16521436.jpg

温室の中で Monanthes polyphylla (基本種)が一斉に咲き出しました。
加温温度がちょうど良いのか現在も順調に育っていて次々と分頭して増えています。
写真の株は昨秋株分けした半分をバラしてぱらぱらと植え込んだ物なのですが大分密
になって来ました。この調子だと今年中にはまた鉢からあふれる程にに増えそうです。
[PR]
by eriospermum | 2013-02-08 17:28 | succulent | Comments(0)

暖かい大晦日

今年もいよいよ残すところあとわずかになりました。
そんな大晦日の本日は雲一つ無い晴天。
冬としてはとても暖かく、温室はかなり高温になっています。
暖かい日差しの中、温室ではガガイモ達が今年最後の花を咲かせていました。

Huernia namibensis として入手。
Huernia oculata Hook.f. に似ていますが中心部の斑点が濃厚です。
a0149642_14504686.jpg

a0149642_14512489.jpg


Ceropegia conrathii Schltr.
a0149642_14522082.jpg

a0149642_14522188.jpg


最後は今年の最終的な Crassula umbella の姿でも。
前回ブログに載せた時よりもまた一回り大きくなりました。
ちなみに、この Crassula umbella 等の冬型植物は上のガガイモ類の置いてある
のとは別棟の冬型用温室で育てています。上の植物達が心地よく冬越ししている
環境ではこれら冬型植物は育ってくれません。

Crassula umbella Jacq.
a0149642_155360.jpg

現在の葉数は20数枚程でしょうか。葉が込み合って中がよくは見えない状態。
大きく育った葉は現在直径10cm程。一月初旬には花序も徐々に上がって来そうです。
地味な花ではありますが、満開状態になるのが今から楽しみです。

それでは皆様、良いお年を〜!
[PR]
by eriospermum | 2012-12-31 15:22 | succulent | Comments(2)

Crassula umbella (ワインカップ)その後の様子

Crassula umbella Jacq.
a0149642_18245374.jpg

a0149642_18253844.jpga0149642_1826189.jpg

Crassula umbella その後も日々順調に生長しております。
既に葉が鉢からはみ出して来ましたが、今年はいまだ花序はあがってきていません。
昨年は葉一枚が直径8~10cm程までに育ちましたが今年はどこまでデカく育つかな〜?
[PR]
by eriospermum | 2012-12-19 18:35 | succulent | Comments(0)

Crassula umbella (ワインカップ)の今年の様子

Crassula umbella Jacq.

Nov.12 出葉確認。
a0149642_19484230.jpg



Nov.17 じわじわと大きくなってきています。
a0149642_1949856.jpg



Dec.5 二週間ほど記録写真撮影をサボっていたらば、もうこんなに生長していました。
a0149642_19521965.jpg


今年は残暑きびしかったので水やり開始がかなり遅かったせいもあり、Crassula umbella
出葉スタートも例年よりかなり遅くなりました。水やり開始しても中々芽が出てこず、酷暑で
枯れたか?と心配したりしましたが、出葉後は至って順調に生長しています。
水やり再開前に昨年より一回り大きな鉢に植え替えておいたのですが、現時点で既にこの状態。
花序も上がり出していないのに既にこの大きさですから、花序が上がりきって開花を迎える頃
にかなり巨大化していそうです。さて、今期はどんな姿を見せてくれるかな?
[PR]
by eriospermum | 2012-12-06 20:04 | succulent | Comments(0)