Bizarre Plants

タグ:caudex ( 52 ) タグの人気記事

Crassula umbella

Crassula umbella Jacq.
a0149642_1451044.jpg

a0149642_14511610.jpg

a0149642_14513530.jpg

a0149642_14515839.jpg

今年は何度もブログの記事に取り上げた Crassula umbella 所謂 ワインカップ の近況報告です。
前回記事にしてから二週間経ちましたが、ジワジワと生長を続けてきて現在は鉢一杯の大きさに
なってきました。株の中心には新たな小株も6芽吹き出しています。この小株達は今冬はあまり
大きくなれないでしょうか、来年の夏越しに問題が生じなければ来年の今頃には総計10株立ちに
なってくれるだろうと、今から捕らぬ狸の皮算用しております。来年枯れちゃったりして...w
[PR]
by eriospermum | 2010-12-24 15:05 | caudex | Comments(2)

Eriospermum dregei

Eriospermum dregei Schönland
a0149642_162024.jpg

a0149642_1620354.jpg

a0149642_16201917.jpg

今年のエリオスペルマム・ドレゲイの姿です。上から見るとまるでパセリみたいですねw
毎年、微塵を吹き出した表土だけは取り替えていたのですが、いよいよ来年はしっかり植え替え
してやらないといけない感じになってきました。地下のおイモはどんな風に育っているかな〜。
[PR]
by eriospermum | 2010-12-17 17:07 | caudex | Comments(6)

Crassula umbella

Crassula umbella Jacq.
a0149642_18121979.jpg

a0149642_18124038.jpg

a0149642_1813443.jpg

今年も生長の過程を何度か報告してきた塊根性のクラッスラである Crassula umbella ですが、
今年の目立った生長は大体落ち着いて来た様子です。これからは本体よりも花序の充実に力を
注いでゆく過程にさしかかって来た感じがします。花芽もだいぶ形になってきていますが、今回
の開花ではどんな姿で咲いてくれるかな〜?早く二段咲きの勇姿を我が家で見てみたいものです。
[PR]
by eriospermum | 2010-12-08 18:24 | caudex | Comments(6)

Eriospermum paradoxum / 霧氷玉

Eriospermum paradoxum Ker Gawl.
a0149642_13512583.jpg

先日、萌え出ずる姿をアップした エリオスペルマム の代表種の 霧氷玉 です。
今年も大体の生長は落ち着いたご様子なので、午後の光を浴びて輝いている姿をスナップしておきました。
繊細さと美しさで言うとエリオスペルマムの中でも何だかんだいってやはりこの種が一番かなと思います。
小さい鉢の中に世界と言うか宇宙を感じます。その辺、松葉蘭等にも通じるところがあるかなと思ったり... 。
[PR]
by eriospermum | 2010-12-04 14:06 | caudex | Comments(6)

Eriospermum sp. aff. bowieanum とか、分岐する線形の植物etc...

Eriospermum sp. aff. bowieanum Baker
a0149642_172124100.jpg

a0149642_17215785.jpg

以前から何度か取り上げているエリオスペルマムです。10月の後半に芽出しし始め、
一ヶ月たった今現在今年の生長も落ち着いた感じであります。あとは冬の日差しをたっぷり
浴びて来年の生長の為の光合成エネルギーをしっかりおイモに溜め込む感じでしょうか。
来年は久しぶりに掘り起こして植え替え&おイモの状態をチェックしてみようかなと思って
います。が,,, 植え替えでご機嫌を損ねないかとちょっと心配も.... 。

おまけ.
Bowiea volubilis subsp. gariepensis ( van Jaarsv. ) Bruyns
a0149642_17524195.jpg

a0149642_17582781.jpg

数年前に実生した Bowiea gariepensis です。昨年までは通年毛が一本状態でしたが今年は
コイル状にくるくる巻きながら葉を出し始めたと思ったらこのように分岐し始めました。
今年でやっと成人した様子w 分岐し始めるまでこんなに年数かかるとは思いませんでした...w
ところで、なぜこの植物を取り上げたと言いますと、上のエリオスペルマムと形状は特別似て
いる訳ではないのですが葉?のプニプ二した質感がとっても良く似ているからであります。
上のエリオスペルマムに bowieanum の種小名が与えられているのはそこに起因するのかな。

おまけのおまけw
Psilotum nudum ( L.) P.Beauv. "Fugaku no Niji"
a0149642_18244089.jpg

根も葉もないというエリオスペルマムにも勝るとも劣らない珍奇な植物、マツバランの1品種です。
ただ単に形状が上記の植物達に似ているのでアップしてみましたw よく見るとあまり似ていませんが
もっとよく見るとだんだん似て来ますw
[PR]
by eriospermum | 2010-12-02 17:36 | caudex | Comments(4)

Crassula umbella(クラッスラ・ワインカップ)の芽出し

Crassula umbella の生長
a0149642_17144824.jpg

Crassula umbella (いわゆるクラッスラ・ワインカップ)のこの秋の芽出しから
三週間の生長の記録です。
一番左の芽出しに気付いた時(10/27)の大きさ葉の直径2〜3mm程。
真ん中の11/9の時点で葉の直径は約1cm程、右の11/18での直径は約3cm程。
今年は4枚の葉から開花が見込めそうです。開花は来春でしょうが今から楽しみ。


a0149642_1359894.jpg

混同されがちな Crassula umbellaUmbilicus の出葉時の姿を並べてみました。
なんとなく似ていはいますがつぶさに見ると色々差異があります。
一番目立つ違いは Crassula umbella の軸や葉裏は赤い色をしている点でしょうか。
それに Crassula umbella はごくごく小さい時から葉の中心に花芽が形成されています。

なんとなくのおまけ... w
[PR]
by eriospermum | 2010-11-19 17:29 | caudex | Comments(4)

Eriospermum sp. aff. bowieanum と Eriospermum dregei

Eriospermum sp. aff. bowieanum Baker
a0149642_171679.jpg

先日、芽出しの姿をアップしたエリオスペルマムの今日の姿です。付属器がプニプにユラユラし始めました。
多分、も少し大きくなりますので、完全に生長が落ち着くまでの中間報告写真であります。
毎年この時期になると観察を続けていますが、芽出しからこのような姿を現して来るまで植物
の生長を見守っているというよりは何か全く別の生き物を見守っているような気分になります。
この種特有の柔らかい肉質のプニプニ感がある種の錯覚を生み出しているのかな ... ? 不思議な生き物です。


Eriospermum dregei Schönland
a0149642_18335585.jpg

Eriospermum dregei も芽出しを始めて来ました。今年はどんなドレゲイ林が見れるかな?
[PR]
by eriospermum | 2010-11-09 18:47 | caudex | Comments(2)

Crassula sp. aff. saxifraga

Crassula sp. aff. saxifraga
a0149642_1495922.jpg

sp.として入手したものですが多分 Crassula saxifraga であろうかと思っている南ア
産の塊根性クラッスラのお花です。今年は葉の展開にくらべてかなり早くに開花して
しまいました... w  株元の二枚の丸い葉は鉢一杯にペターっと広がる予定。
花の大きさは数ミリ程度の極小さなものですが、和菓子の様な色彩と質感が奇麗です。

これが現在の全体像。花茎の長さ約20cm。超絶技巧のバランスで立ってますw
a0149642_1424066.jpg


関係無いですが、↑この姿見てたらこれを思い出しました。↓
Cluster & Eno - Ho Renomo

    

Anna Pavlovaの踊りの映像はup主の後付けでしょうが、妙に音楽とマッチしてます。
[PR]
by eriospermum | 2010-11-02 15:30 | caudex | Comments(4)

Umbilicus

Umbilicus horizontalis? Umbilicus rupestris?
a0149642_14223486.jpg

Umbilicus に間違いはないのですが種小名は未だに判らないまま育てて ?(と言うよりは居
着いていると言った方がいいのかもw)いる物です。
今年もいつの間にかにニョキニョキと新葉を出し始めていました。これからグングン大きく
なります。このくらいの大きさの頃は群生する緑のキノコといった面持ちですね。

うちにやってきて10年位は経ってるのですが、大事にしているつもりでもいつの間にか消え
ていたり、思いもよらぬ所から子が出て来ていたりの繰り返しでなんとか維持して今に至っ
ています。ある意味気ままで自由奔放な雑草ですね。でもかわいいので憎めません。

属名である Umbilicus はヘソの意味なので、この文字列で画像検索するとヘソの画像の羅列
が出るのでご注意下さいw (医学的なちょいグロ画像もあったりします...)
どなたか、Umbilicus の種の判別の仕方のご存知の方いらっしゃいませんかねぇ.... ?

おまけ : Crassula umbella (所謂 クラッスラ・ワインカップ)の萠
[PR]
by eriospermum | 2010-10-30 13:32 | succulent | Comments(4)

Eriospermum sp. aff. bowieanum

a0149642_1656115.jpg

多分 Eriospermum bowieanum Baker であろうと思っている無毛で軸色も白い名無し入手の
エリオスペルマムの今年の出葉し始めの姿です。昨年12月撮影の完全な姿はこちらをどうぞ。
昨年は4芽でしたが今年は1芽増えて5芽で出現し始めました。1芽増えるとちょっと嬉しい。
10年育ててやっとここまで来たかと言う感じ...。もっと増えるともっと嬉しいんですが... w
[PR]
by eriospermum | 2010-10-27 17:21 | caudex | Comments(5)